バンドル カード 使える カジノk8 カジノTurboSquidの3DモデルをiPhoneのARで表示するには仮想通貨カジノパチンコ20th ジャグラー

バンドル カード 使える カジノk8 カジノTurboSquidの3DモデルをiPhoneのARで表示するには仮想通貨カジノパチンコ20th ジャグラー

バンドル カード 使える カジノk8 カジノTurboSquidの3DモデルをiPhoneのARで表示するには仮想通貨カジノパチンコ20th ジャグラー

オフィス リモート ワークk8 カジノ TurboSquidの3DモデルをARKitのアプリに組み込んでみよう

パチンコ f 1 Unityを使ってARKit対応アプリを開発するための入門連載「Unityで始めるARKit入門」。連載初回では、ARKit対応アプリの開発環境を構築し、サンプルアプリを動かすまでの手順を解説した。

 今回は、TurboSquidの3Dモデルを使って、ロケットが空高く炎を発射して飛んでいく図1のようなサンプルを作ってみよう。

図1 ロケットが炎を発射しながら空高くに飛んでいっている

 TurboSquidとは、無料/有料の3DモデルをダウンロードできるWebサービスだ。無料のものは「Royalty Free」となっているが、一応ライセンスのリンクを確認してから使うといいだろう。今回は、ここの「Royalty Free」となっている3Dモデルをサンプルアプリに使っている。

TurboSquidから3Dモデルをダウンロードする

 下記のURLにアクセスすると、図2のような画面が表示される。右上「Download」ボタンをクリックすると「TurboSquid Login」画面が表示されるので、まだサインアップしていない方はサインアップしてからログインしよう。

https://www.turbosquid.com/3d-models/free-missile-3d-model/595524図2 「Download」をクリックする

 ログインすると図3の画面が表示されるので、「fbx.zip Autpodesk.FBX」をダウンロードして適当なフォルダに入れておこう。

図3 お気に入りのキャラクターをダウンロードするプロジェクトを新規作成し、ダウンロードしたファイルをUnityに取り込む

 まずは連載第1回でインストールしたUnityから新しいプロジェクトを作成して開いてほしい。プロジェクト名は何でも構わないが、今回は「ARkitRocket」とした。今回もARKitのプラグインをAsset Storeからインポートしておこう。

 Projectの「Assets」の下に「Rocket」というフォルダを作成する。それ右クリックして現れる「Import New Asset」から先ほどダウンロードした図3のファイルを取り込むと図4のようになる。

図4 Rocketフォルダにダウンロードしたファイルが取り込まれたサンプルに使うロケットの3Dモデルの設定

 前回同様、「Examples」フォルダ内にある「UnityARkitScene」のサンプルファイルをダブルクリックすると、Hierarchy内に必要なファイルが表示される。Inspectorから「RandomCube」「GeneratePlanes」のチェックを外しておこう。最初から外されているものもあるが、チェックを外すとグレー表示になる(図5)。

図5 チェックを外した、または最初から外されているファイル

 図5の「HitCubeParent」の下にある「HitCube」を削除する。空のゲームオブジェクトを作成して、名前を「Rocket_Parent」として、「HitCubeParent」の子として配置する(図6)。

図6 Ropcket_ParentをHitCubeParentの子として配置した

 Rocket_Parentを選択してInspectorを表示させる。「Transform」の「Y」に「15」を、「Rotation」の「Z」に「90」を指定するとロケットは垂直に立つようになる。「Scale」には「X」「Y」「Z」ともに「3000」を指定してサイズを大きくしておく。この「Scale」は、ロケット自体の大きさを表すものではなく、ロケットを子として持つ「Rocket_Parent」の領域の大きさであると思っておくと分かりやすいだろう。

 「Add Component」から「Unity AR Hit Test Example(Script)」を追加し、「Hit Transform」には「HitCubeParent(Transform)」を指定しておこう(図7)。

図7 「Rocket_Parent」に「Unity AR Hit Test Example(Script)」を追加する

 次にRocket_Parentの子として、RocketフォルダにあるMissileを追加する。Missileは、いろいろな部品を持っているが、最終的には図8の上図のような配置にする。配置したMissileを選択してInspectorを表示して、「Transform」の「Rotation」の「X」に「-90」と指定して、ロケットのX座標の向きを変更しておく。「Scale」には「X」「Y」「Z」ともに「0.1」を指定してロケットのサイズを小さくしておこう。

図8 Missileを配置して(上図)、Inspector内を設定した(下図)

 少しロケットが暗いので、もう1つ「Directional Light」を追加して光がロケットに当たるようにしておく。Scene画面内は図9のような表示になっている。

図9 Scene画面内の表示ロケットの炎を作る、ボタンを追加する仮想通貨カジノパチンコえー ゆー でんき プラン

宝くじ 当たる 確率k8 カジノHTML5/JavaScript開発用の入力支援ライブラリ「InputManJS」、グレープシティが発売仮想通貨カジノパチンコ海 物語 レア

宝くじ 当たる 確率k8 カジノHTML5/JavaScript開発用の入力支援ライブラリ「InputManJS」、グレープシティが発売仮想通貨カジノパチンコ海 物語 レア

宝くじ 当たる 確率k8 カジノHTML5/JavaScript開発用の入力支援ライブラリ「InputManJS」、グレープシティが発売仮想通貨カジノパチンコ海 物語 レア

アルト コイン 取引k8 カジノ

スロット 鉄拳 3 天井 グレープシティは2018年1月17日、HTML5/JavaScript開発用の入力支援ライブラリ「InputManJS」を同年2月14日に発売すると発表した。Windows FormsやWindows Presentation Foundation(WPF)などでの開発に向けた入力支援コンポーネント「InputMan」の技術を応用した。

 InputManJSはJavaScriptによる開発に利用できる文字列や数値、日付の入力用エディットコントロール(テキストボックス)が4種類と、和暦や祝日表示に対応するカレンダーコントロールから成る。

InputManJS(提供:グレープシティ)

 エディットコントロールは、入力可能な文字種を制限したり、書式を指定したり、入力した文字列にマスクを掛けたりする機能を備える。指定した文字種への自動変換や、入力完了後の自動フォーカス移動、リアルタイムな数値の入力範囲チェックといった機能も備える。漢数字やふりがな取得といった日本語固有の入力や表示にも対応する。テンキー風の数値入力用ドロップダウンやスピンボタンを表示することも可能だ。

日本固有の表現や入力にも対応(提供:グレープシティ)

 InputManJSにはタッチ操作に向けた機能も用意されている。タッチによるスピンボタンやドロップダウン、スクロール、文字選択といった操作や、コンテキストメニューの表示などが可能。タッチ操作専用のツールバーも備える。

 InputManJSを形成するモジュールの容量は約600KB。AngularJS/Angularのディレクティブを備えており、TypeScriptを使用した開発も可能だ。ReactやVue.jsといったJavaScript向けフレームワークにも対応する。特定のOSに依存せず、HTML5に対応するほとんどのWebブラウザで使用できる。ただし、Android用のWebブラウザには対応しない。

 価格は、開発ライセンスが16万2000円(税込み、以下同)、配布ライセンスが64万8000円。いずれのライセンスもサブスクリプション契約のみで、2年目以降の価格はどちらも16万2000円となっている。

仮想通貨カジノパチンコau pay 加盟 店 ログイン

パチンコ 新台 ヤマトk8 カジノWindowsコンテナはデスクトップの夢を見ない仮想通貨カジノパチンコ西麻布 雀 荘

パチンコ 新台 ヤマトk8 カジノWindowsコンテナはデスクトップの夢を見ない仮想通貨カジノパチンコ西麻布 雀 荘

パチンコ 新台 ヤマトk8 カジノWindowsコンテナはデスクトップの夢を見ない仮想通貨カジノパチンコ西麻布 雀 荘

コイン チェック 危険k8 カジノ 「Windowsにまつわる都市伝説」のインデックス

パチスロ まどかマギカ ボーナス 連荘Windowsにまつわる都市伝説

LinuxならGUIアプリをコンテナ化できるのに、Windowsだとなぜできないの?

 Dockerの技術は、主にクラウドアプリやサービスの開発現場で、開発とデプロイのスピードアップを図るために使用される技術です。GUIを持つデスクトップアプリのコンテナ化はそもそも想定されていません。

 Linuxデスクトップの場合、X Window Systemの技術を利用してDockerコンテナ側でアプリケーション(Xクライアント)を実行し、Linuxデスクトップ側(Xサーバ)でそのGUIを表示するということは可能なようです(実際に試したことはありません)。

 例えば、この方法でWebブラウザをDockerコンテナで動かすということができるようです。これは興味深いアイデアですが、Linuxデスクトップ側のXサーバに完全に依存しているため、完全なGUIアプリのコンテナ化とはいえないでしょう。

 WindowsでGUIアプリを実行するには、ローカルコンソールに対話的にログオンするか、リモートデスクトップ接続のセッションにログオンしてデスクトップと対話する(あるいは「Microsoft RemoteApp」プログラムを通して対話する)必要があります。Windowsの現在の実装では、ローカルの対話的なログオンとリモートデスクトップ接続の両方が「Remote Desktop Services」(TermService)に依存しています。

 以下の画面1は、「Windows Server, version 1909」で構築したDockerコンテナホストで、Windows Server Core バージョン1909のベースOSイメージ(mcr.microsoft.com/windows/servercore:1909)のWindowsコンテナを実行しているところです。

画面1画面1 Windowsコンテナでは、Remote Desktop Services、Serverサービス、Windows Defender Firewallサービスは無効化されているか、機能しない

 Remote Desktop Services(TermService)のサービスは停止状態で、起動しようとしてもスタートアップが無効化されていて失敗します。Server(lanmanserver)サービスやWindows Defender Firewall(mpssvc)サービスも無効化されているか機能しません。

 そのため、Windowsコンテナはファイル共有を提供することもできませんし、「Windows Defenderファイアウォール」による保護もありません(WindowsコンテナはNATネットワークとホスト側のWindows Defenderファイアウォールで保護されます)。この制約はライセンス上の制約なのか、技術的な制約なのか分かりません。

 次に画面2を見てください。同じように実行したWindowsコンテナとコンテナホストのそれぞれのプロセス一覧を表示したものです。GUIを利用できるコンテナホスト側では、Windows Sysinternalsの「Process Explorer」(procexp.exe)を使用しました。GUIを使用できないWindowsコンテナでは「PsList」(pslist.exe)を使用しています。

画面2画面2 Windowsコンテナのプロセスツリー。通常のWindowsにはログオンごとに存在するはずの「winlogon.exe」と「dwm.exe」プロセスが存在しない

 なお、Windowsコンテナ内でWindows Sysinternalsのツールを実行する場合は、初回実行時の「License Agreement」ウィンドウが表示されないように、「-accepteula」オプションを追加する必要があります。そうしないと、異次元の世界にダイアログボックスが表示され、返ってこないでしょう(異次元の世界は冗談です)。

 「プロセス分離モード」(以前は「Windows Serverコンテナ」と呼ばれていたもの)でWindowsコンテナを実行すると、ホスト側で「Wininit.exe」(Windowsスタートアップアプリケーション)プロセスが新たに生成され、コンテナのユーザー環境が準備されます。

 最終的に「docker run」コマンドに指定したコンテナで実行するコマンド(この例の場合は「cmd.exe」)は、新たな「Wininit.exe」のプロセスツリーの中に生成される「CExecSvc.exe」プロセスのさらに子/孫プロセスとして実行されます。ホスト側のコンテナ用の「Wininit.exe」のプロセスツリーは、プロセスIDを含め、コンテナ側に見えるプロセスツリーと一致しています。

 ただし、重要な点が幾つかあります。このプロセスツリーには、対話型ログオンとログオフを担当する「winlogon.exe」(Windowsログオンアプリケーション)プロセスが存在しません。また、デスクトップとウィンドウの描画と合成を担当する「dwm.exe」(デスクトップウィンドウマネージャー)も存在しません。つまり、コンテナには対話的にログオンする方法も、デスクトップも存在しないのです。

Windows 10 Enterpriseのフルイメージ? Windowsイメージの役割とは?

 WindowsコンテナのベースOSイメージとしては、「Windows Server Core」(mcr.microsoft.com/windows/servercore)と「Nano Server」(mcr.microsoft.com/windows/nanoserver)があります。「Windows Server 2019(1809)」がリリースされたときから、「Windows(mcr.microsoft.com/windows)」という巨大なイメージが利用可能になりました。このイメージでWindowsコンテナを実行し、ゲストOSの情報を調べてみると、「Windows 10 Enterprise」のイメージであり、Remote Desktop Servicesは実行中の状態でした。

 また、Windows Server 2019(1809)のコンテナ関連の新機能の1つに、Docker Engine 19.03以降におけるWindowsコンテナでのGPUデバイスのサポートがあります。

Bringing GPU acceleration to Windows containers[英語](Microsoft Tech Community

 この2つの話を目にすると、Windows 10 Enterpriseのデスクトップ全体、あるいはGUIアプリのコンテナ化の可能性について期待を高める人がいるかもしれません。

 しかし残念でした。Windowsイメージでは、Remote Desktop Servicesは実行中の状態でしたが、ポート3389ではリスンしていない状態でした。

 レジストリを見ると「fDenyTSConnections」でリモート接続が無効になっていたので、有効化した上でサービスを再起動してみましたが、ポート3389でリスンすることはありませんでした(画面3)。そして、GPUデバイスのサポートは、機械学習の高速化などを目的とした、GPUプログラミングのためのものです。決してグラフィックス表示を想定したものではありません。

画面3画面3 2018年末に突如登場した「Windowsイメージ」は、Windows 10 Enterpriseから構築されたイメージ。最新バージョンのサイズはWindows Server Coreが4.58GB、Nano Serverが2.58GBに対して、Windowsは12.7GB

 Windowsイメージの用途は以下の公式ドキュメントで説明されていますが、Windows Server CoreのWindowsコンテナでアプリを開発するには解決できない依存関係がある場合に、完全なWindows APIセットを提供するものです。

コンテナの基本イメージ(Microsoft Docs)他にリモート接続の方法はないのか、探してみた

 リモートデスクトップ接続以外に、ネットワーク経由でWindowsコンテナのOS環境にリモート接続(もうGUIは関係なく)する方法がないか、幾つか試してみました。

#CmsMembersControl .CmsMembersControlIn {width:100%;background:url(https://image.itmedia.co.jp/images/spacer.gif) #DDD;opacity:0.05;filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.Alpha(Enabled=1,Style=0,Opacity=5);z-index:1;}続きを閲覧するには、ブラウザの JavaScript の設定を有効にする必要があります。仮想通貨カジノパチンコフリー パズル ゲーム

競輪 スロットk8 カジノApple、需要に応えてiPadの生産増強仮想通貨カジノパチンコおえかき の も

競輪 スロットk8 カジノApple、需要に応えてiPadの生産増強仮想通貨カジノパチンコおえかき の も

競輪 スロットk8 カジノApple、需要に応えてiPadの生産増強仮想通貨カジノパチンコおえかき の も

ミュージカル 刀剣 乱舞 ライブ 配信k8 カジノ

パチスロ 戦国 乙女 設置 店 AppleのCOO(最高執行責任者)ティム・クック氏は4月20日の決算発表会で、iPadの売り上げが同社の社内予測を上回ったこと、需要に対処するために生産を増強することを示唆した。

 クック氏はまた、タブレットPCという新しいコンシューマー製品市場で足掛かりを築くために、iPadを「積極的」な価格設定にしたことも認めた。「ほかの製品でやってきたのと同じように、先発者利益を生かしたい」

 Appleは「生産能力を増やしており、今後の状況を見ていく」とクック氏は付け加えた。「少なくとも初めは、需要の大きさに衝撃を受けた」

 だが同氏は、カメラモジュール付きとうわさされる次期版iPadや、最近流出したとされる第4世代iPhoneの試作機に関する新たなニュースなど、今後のApple製品についてはコメントを避けた。「ライバルを手助けするつもりはない。だから(その質問には)答えない。今後の新製品には自信を持っている」

 MacとiPhoneの売り上げが好調で、Appleの第2四半期(1~3月)の売上高は135億ドルとなった。けん引役となったのはMacの売り上げ294万台と、iPhoneの875万台だった。iPodの販売は前年同期から1%減少し、約1000万台だった。

 米国でiPhoneを独占販売しているAT&Tは、4月21日の投資家向け電話会見で、「製品の刷新」をほのめかした。これは6月に登場するとみられる新型iPhoneを指している可能性がある。AT&Tは1~3月期にiPhoneを270万台アクティベートした。

 当然ながら、Apple幹部は20日の会見で業績に満足していると述べた。iPadの初日と最初の1週間の販売台数は開示したにもかかわらず、同製品の売り上げは明らかにしなかった。

 同社はプレスリリースで、iPadが4月3日に発売されてから1週間で50万台売れたと述べている。さらにジョブズ氏は8日の記者会見で、iPadのWi-Fiモデルに60万の電子書籍と350万のアプリがダウンロードされたと明らかにした。

 AppleはiPadの3Gモデルを4月30日に小売店で発売する予定だ。米国外では5月10日に価格を発表し、予約を受け付ける。オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、スペイン、スイス、英国では5月末までに発売される。

 iPad 3GモデルはWi-Fiモデルよりも約130ドル高い。16Gバイト版が629ドル、32Gバイト版が729ドル、64Gバイト版が829ドル。早めに予約した人は4月30日にiPadを受け取れるが、今予約すると出荷は5月7日以降になる。

関連キーワードiPad | Apple | スティーブ・ジョブズ | 電子書籍

原文へのリンク

仮想通貨カジノパチンコ北海道 パチンコ 延長 営業

業界連盟:ルーレット カジノ k8 入金不要ボーナス k8 パチスロ 機種 ボーナスバイ おすすめ k8 ライブカジノ k8 カジノ k8 カジノ パチスロ オンライン | Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap