ドリーム ジャンボ ミニk8 カジノ「iPadを無料でゲット」の宣伝に要注意 FacebookやTwitterで詐欺横行仮想通貨カジノパチンコハンコイン 無料

ドリーム ジャンボ ミニk8 カジノ「iPadを無料でゲット」の宣伝に要注意 FacebookやTwitterで詐欺横行仮想通貨カジノパチンコハンコイン 無料

ドリーム ジャンボ ミニk8 カジノ「iPadを無料でゲット」の宣伝に要注意 FacebookやTwitterで詐欺横行仮想通貨カジノパチンコハンコイン 無料

米国 株 数k8 カジノ

gf 仮 スロット 7揃い セキュリティ企業の英Sophosは、「iPadが無料でもらえる」と称してユーザーをだまし、携帯電話番号などを入力させようとする手口が米大手SNSのFacebookやTwitterで横行していると伝えた。

Twitterでの詐欺ツイート(Sophosより)

 Sophos研究者グラハム・クルーリー氏のブログによると、Facebookには「βテスターとして登録すればiPadが無料でもらえる」と称するページが開設され、詐欺サイトに誘導。さらに、「友達にもこのページのファンになってもらえば、あなたが選ばれる確率が高まります」と称して友達の紹介を促している。

 Appleの公式サイトに見せかけた詐欺サイトでは、さまざまなアンケートに答えさせる中で、「あなたはヒップホップのカニエ・ウェストと50セントのどちらに似ていますか」との問いに絡め、生年月日や携帯電話番号などの入力を求めてくる。実はこれは、1週間に約10ドルの料金を取る携帯電話の有料サービスに登録させるための手口だが、ユーザーはiPad欲しさに情報を入力してしまいがちだという。

誘導先の詐欺サイト(同)

 Sophosからの連絡を受けてFacebookはすぐに問題のページを削除したが、既に何千人ものユーザーがだまされている様子だといい、同じような詐欺ページはほかにも多数存在する。また、Twitterにも同様の詐欺ページに誘導するリンクが投稿されているという。

 Sophosでは、このようなページを見かけても安易に携帯電話番号などを入力したり、友達を紹介したりしてはいけないと忠告している。

関連キーワードiPad | 詐欺 | Twitter | Facebook | Sophos | 無料

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

仮想通貨カジノパチンコリバプール シティ

ビット コイン 価格 現在k8 カジノ説明不要! 科学の楽しさをソニー・エクスプローラサイエンスで体験!仮想通貨カジノパチンコbitflyer 送金

ビット コイン 価格 現在k8 カジノ説明不要! 科学の楽しさをソニー・エクスプローラサイエンスで体験!仮想通貨カジノパチンコbitflyer 送金

ビット コイン 価格 現在k8 カジノ説明不要! 科学の楽しさをソニー・エクスプローラサイエンスで体験!仮想通貨カジノパチンコbitflyer 送金

オンカジ 税務 調査k8 カジノ

スロット ゴッド 目 押し はじめまして、こんにちは。「ITmedia女子部」です。今年2月にITmediaの女性記者2人(宮本と小笠原)で結成し、Twitterでつぶやき始めたものの、目立った活動もないまま、早1カ月半が過ぎてしまいました。「このままではいかん」と、宮本は焦っていました。

 どんな部活をしようかと悩んでいたら、「お台場に行きましょう! メディアージュ5階に楽しそうな場所があります」と、後輩の小笠原に誘われました。メディアージュ5階? 早速ネットで調べてみると、結婚式場があるではありませんか。

 「もしかして花嫁体験!?」と、挙式予定もないのに、宮本の妄想がふくらみます。すると「そっちじゃないです! 同じ階にある、体験型科学館『ソニー・エクスプローラサイエンス』の方です」と小笠原に突っ込まれてしまいました。あ、勘違い……。恥ずかしい……

photo

 改めて、ソニー・エクスプローラサイエンスのホームページを見てみると、最新のCGアニメーション技術を紹介する企画展が期間限定で開催されているとのこと。顔認識技術やストップモーションアニメも体験できるようです。これは、先端技術を取材するITmedia記者の私たちにとってうってつけの場所かも! でかした小笠原!

 ということでITmedia女子部は、結婚式場ではなく、ソニー・エクスプローラサイエンスへ繰り出しました。お台場と言えば、レインボーブリッジや観覧車が有名ですが、ITmedia女子部は一味違う楽しみ方をレポートします。

ITmedia女子部の顔が恐竜に……顔認識技術を体験photoサウンドゾーン。「オンバ」は20個のスピーカーが均等に並び、いろいろな「音」でひとつの「場」を表現します

 ソニー・エクスプローラサイエンスは、「光」「音」「エンタテインメント」がテーマの科学館です。科学の原理とエレクトロニクス製品に応用されている最新技術のつながりを楽しく体験できる施設として、2002年7月に開館しました。小中学生や家族連れ、若いカップルなど、さまざまな年齢層の人々が訪れるそうです。

非日常的な雰囲気の館内では、迫力の3D映像を上映するシアターや、自分の声を簡単に加工するなど大人でも楽しめるインタラクティブな展示物が並んでいます。科学館と言えば、原理をじっくり学ぶというイメージが強いですが、ソニー・エクスプローラサイエンスは、科学に興味を持つきっかけを提供することを重視。確かに、難解な文章の書いてある解説パネルは見当たらず、体験した後で仕組みに興味を持てば、各展示物の横に設置してあるPSP®で詳しく知ることができるようになっています。

※PSP®は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。

photophoto触ったところから光や音の出る不思議なテーブル(左)や、自分の声の高さを変えられる展示(右)で遊んでみました。なにこれ楽しい!photo「CGアニメ・ラボ~自然な動きを再現する科学」のブース

 常設エリアにも見どころはたくさんあるのですが、今回はゲームや映画でおなじみになったCGアニメーションの最新技術を紹介する企画展「CGアニメ・ラボ~自然な動きを再現する科学」(4月20日まで開催予定)を体験してみました。

 企画展エリアへ着くといきなり、大画面テレビに映し出された自分の顔が目に飛び込んできました。よく見ると、唇の上にはあひるのような黄色のくちばしのCGが合成されています。一体なんだ!?

 実はこれ、顔認識技術を活用した「シンクマスク」という展示です。その場のカメラに写る映像から人の顔を認識し、顔の中の55の特徴点を自動抽出して、さらにその動きを瞬時に検出。顔の前にくちばしや恐竜などのアバターを合成し、テレビに映しています。一度に5人まで顔認識が可能です。

photo顔の上にくちばしや恐竜などのアバターがリアルタイムに合成されます

 アバターは、顔の動きに合わせて変化します。テレビの前でしゃべると、くちばしもパクパク動きます。アバターはランダムに切り替わり、今度は恐竜にチェンジ。片目をつぶると、アバターの恐竜もウインクします。訪れた小学生の集団も、口を大きく開けたり、目をパチパチ動かしたりと、夢中になっていました。

ARペットに癒されたい女子部 コマ撮りアニメにも挑戦photoストップモーションアニメをその場で製作・再生できます

 企画展「CGアニメ・ラボ」でのおすすめ展示は、クレイアニメやパラパラマンガのような、ストップモーションアニメを作れる「プチアニメ・スタジオ」です。専用ステージに人や動物のフィギュアを自由に並べ、少しずつ動かしながら30枚までコマ撮りすると、その場で再生して見ることができます。

 アニメのストーリーは、フィギュアの配置次第でどんどん変化します。アニメの原理が楽しく体験でき、大人も子どもも楽しめます。なめらかな動きを再現しようと、フィギュアの配置に凝るあまり、思わず熱中してしまう人が多く、休日にはプチアニメ・スタジオの前に行列ができることもあるそうです。

photoテレビ画面の中のペットと遊ぶ小笠原

 画面の中のサルをあやしたり、エサをあげたりして楽しめる、日本未発売の「プレイステーション 3」用ソフト「EyePet」(仮称)も、実際に体験できます。テレビに表示されたカメラ画像にサルが現れ、プレイヤーの動きに反応。手を叩くと寝ているサルが飛び起きたり、なでるとうれしそうな表情やしぐさをするなど、AR(拡張現実)の世界を楽しめます。

※「プレイステーション」は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。

 日々の仕事に少し疲れ気味のITmedia女子部もバーチャルペットに“触れ合って”癒されたい! さっそく挑戦してみました。サルの注意を引こうと、テレビの前で大げさに手をバタバタと動かしてみましたが、なかなか寄ってきてくれません。優しくなでようとすると、手を飛び越え、離れていってしまいました。バーチャルペットに嫌われてしまう(?)とは。“愛され女子”を目指していたのに。人知れず、傷心……

 さあ、気を取り直して、今度はワークショップ「CGアニメ・ラボ ~ゲームとCGの科学」へ向かいます。

ワークショップ「CGアニメ・ラボ ~ゲームとCGの科学」を体験!仮想通貨カジノパチンコイセキ コンバイン 4 条 刈り 中古

scalar ブロック チェーンk8 カジノ第214回 Armの機械学習向けプロセッサがあらゆるところに載ってくる?仮想通貨カジノパチンコルルーシュ 天井

scalar ブロック チェーンk8 カジノ第214回 Armの機械学習向けプロセッサがあらゆるところに載ってくる?仮想通貨カジノパチンコルルーシュ 天井

scalar ブロック チェーンk8 カジノ第214回 Armの機械学習向けプロセッサがあらゆるところに載ってくる?仮想通貨カジノパチンコルルーシュ 天井

ダイコク 電機 パチンコ データk8 カジノ 「頭脳放談」のインデックス

パチスロ ひぐらしのなく頃に絆 ステージ連載目次

 前回の「第213回 Intel元社長が仕掛けるARMコアのサーバ向けプロセッサの成否」に続いて、Armネタになってしまった。ここで賢明な読者はお気付きかもしれない。筆者はこの間まで「ARM」と全て大文字でつづってきたのに、今回から「Arm」と書いている。

 うかつにも、筆者も指摘を受けるまで気付かなかったのだか、公式のプレスリリースを見る限り、2017年11月30日から12月8日の間に何らかの変更があり、リリース上で社名を「Arm」とつづるようになったようだ(公式サイト上のロゴは、「arm」と全て小文字だ)。

 特に大文字、小文字の使い分けについてのプレスリリースというものは見当たらなかった。ただ観察するに、今回取り上げる「Arm’s Project Trillium」の「Trillium」は、Armの親会社となったソフトバンクの孫氏の文脈でまず現れてくるように見受けられる。Armという表記もその辺りから登場してくる。どうも「ARM」が「Arm」に表記変更されたのも、孫氏のアイデアが何かあって、という気がしてならない。

 さて今回取り上げるのは、Armの「Trillium」というプロジェクトの一環(?)として、「業界で最もスケーラブルで多用性の高い機械学習のプラットフォームを提供するよ」という内容のプレスリリースである(Armのプレスリリース「Arm’s Project Trillium Offers the Industry’s Most Scalable, Versatile ML Compute Platform」)。

 そのプレスリリースの中心は、「Arm ML processor」と「Arm OD processor」という名の2つのIP(Intellectual Property:設計情報)である。プロセッサIPといっても、以前からあるArmのプロセッサを置き換えるものではなく、Armの従来プロセッサ、従来GPU(Mali)に加えて、それらの設計を追加すると、より高性能な機械学習の処理を、より低消費電力でできるようになるという製品ラインの拡張のお知らせである。

Armの人工知能向けプロセッサは一味違う

 前回はサーバ機向けの話題を取り上げたが、今回はArm本来の市場というべき、末端側の市場が狙いだ。データをサーバ側に持っていて人工知能を処理するのではなく、末端のデバイス側で(ある程度)処理してしまいましょう的なものだ。

 このあたり、流行といってよい。すでにモバイル分野でその手の機械学習、人工知能分野向けの専用プロセッサを汎用プロセッサやGPUの横に積む、というアプローチは幾つもなされている。その例の1つが、モバイルの巨人、Qualcommの「HVX(Hexagon Vector eXtensions)」というものだ。

 最近の人工知能や機械学習の中核には、ほとんどのケースでNN(ニューラルネットワーク)が使われている。その負荷の中心はコンボリューション計算、端的に言えば行列の掛け算に帰着させることができるのだ。そのうえ計算そのものは、ここにきて8bit以下のような幅のごく狭い「数」を扱えればよいような流れになってきている。

 HVXは、そういった幅の狭い数の処理を並列、高速に処理する目的でできた一種固定小数点DSP的な「コプロセッサ」のようなものである。GPUであると浮動小数点演算を避けては通れない、ましてやCPUは何でもできないとならない、そんなオーバーヘッドを取り除いてNNの中核処理に特化したともいえるだろう。

 では、Arm ML processorも同じようなものなのだろうかというと、一味違う。確かにコンボリューション計算(と全結合レイヤーの計算)は避けては通れないので、そのサポートはある。両方を合わせると負荷の9割以上を占めるのが普通だからだ。

 この性能も先行他社に比べても強力ではある。しかし、NNといっても非常に多種多様なタイプの計算が必要になっている。大ざっぱな言い方をするならば、それらの計算の各ステップをレイヤーと称している。コンボリューションレイヤーといえば、あるデータの集合に対する1回分の処理の集まりである。通常処理対象の入力データは、そんなレイヤーを何層も何十層も通過し、あたかもフィルターに不純物がこしとられるようにして、最後の結果になって出力されるのだ。

 Arm ML processorは、そういうコンボリューション処理以外の各種レイヤーの処理についても、専用の処理機能を備え、レイヤーごとのデータの流れをある程度制御できるような機構まで組み込んできた。これによってML処理におけるメインのCPU介在の負荷は相当に軽減されるのではないかと予想する。

 このメインCPUの負荷を軽減する方針は、明確な意図に基づいていると思われる。Arm ML processorを組み込む相手のコアは、スマートフォンなどに使われる「Cortex-Aシリーズ」といった強力なコアだけでなく、組み込み用途のコントローラーとして使われる小規模な「Cortex-Mシリーズ」のコアでもよいからだ(Armの資料では、高度な実時間処理を狙っていると思われるCortex-Rシリーズは組む相手には挙げられていない)。

 Armの意図は明らかだろう。スマートフォンレベルだけでなく、人々がその存在をあまり意識しないような末端のセンサー的、コントローラー的、昔的に言えば「単機能」に見える小さなデバイスにまで、機械学習、人工知能を組み込んでやろう、という意図である。

 Cortex-Mシリーズをコアとするような場合のアプリケーションとしては、KWS(Keyword spotting)が挙げられている。最近市場にあふれているxxスピーカー的な、ヒトの音声で制御するデバイスなどを念頭に置いているのだろう。音声信号は、時間軸で見れば、1本の線でしかないが、時間に対して周波数軸で見てやれば「2次元の画像」のように見える。2次元の画像であれば、NNで処理することはお手の物というべきであろう。

目の付けどころがArm?

 もう1つ、Arm ML processorの相棒というか、セットとして提供されるのが、「Arm OD processor」である。「OD=Object Detection」である。こちらは動画像の処理を狙っているので、「カメラ(イメージセンサー)」が存在することが前提である。

 意図するところは、Arm OD processorで動画像の中から「オブジェクト」として抽出すべき人や、モノの領域や付加情報を取り出し(ROI:Region of Interest)、その検出部分に対してArm ML processorでさらに処理を行って対象物の識別に至ろう、という考え方だ。Qualcommのデバイスにもカメラ側の処理を担う専用プロセッサが含まれるが、Qualcommの方は従来のイメージセンサー向けの信号処理部的色合いが濃い。それに比べてArm OD processorは、オブジェクトの検出のみに特化していて方向性は明確だ。

 Armは、先駆けて新しいコンセプトを打ち出してきたというわけもない、どちらかといえば、まさに市場が立ち上がるちょうどよい時期に、高すぎず、低すぎず、ちょうどいいところに新製品を投入してくることに、たけている会社だと思う。

 今回もよいタイミングで使いやすいレンジにターゲットを持ってきているように見える。そのうえ、Armは、立てるところは立ててやる感覚も優れているように思われる。

 この「専用プロセッサ」もそれを使うためのソフトウェアキットは自社で出してくる。だが、実際にそれを呼び出すのは、TensorFlowとか、Caffeとかすでに人工知能の分野でメジャーになっているプラットフォームソフトウェアであり、何となればユーザーのアプリケーションからは、2階層以上も下に位置し、ユーザーからは直接見えない部分に置かれることになる。

 既存のプラットフォームのソフトウェア資産が使える、ということだけではない、気が付いたらArmのソフトウェアの上でArm ML processorを使っていた、となり得るわけだ。いつの間にかARMがArmになっていたように……。

筆者紹介Massa POP Izumida

日本では数少ないx86プロセッサのアーキテクト。某米国半導体メーカーで8bitと16bitの、日本のベンチャー企業でx86互換プロセッサの設計に従事する。その後、出版社の半導体事業部などを経て、現在は某半導体メーカーでヘテロジニアス マルチコアプロセッサを中心とした開発を行っている。

「頭脳放談」のインデックス

「頭脳放談」

仮想通貨カジノパチンコテレビ しょ

ハイハイ シオサイk8 カジノ北米で最も成長著しい企業は? Deloitteが発表仮想通貨カジノパチンコ最新 沖 スロ

ハイハイ シオサイk8 カジノ北米で最も成長著しい企業は? Deloitteが発表仮想通貨カジノパチンコ最新 沖 スロ

ハイハイ シオサイk8 カジノ北米で最も成長著しい企業は? Deloitteが発表仮想通貨カジノパチンコ最新 沖 スロ

スイッチ 麻雀 オンラインk8 カジノ

パチンコ 履歴 見方 国際会計事務所のDeloitteは2019年11月7日(米国時間)、テクノロジーやメディア、通信、ライフサイエンス、エネルギー技術業界における北米を対象とした急成長企業の年間ランキング「North America Technology Fast 500」(北米テクノロジーFast 500)の2019年版を発表した。

 北米テクノロジーFast 500は、過去3会計年度の売上高成長率で見た上位500社のランキング。今回は2015~2018年度の売上高成長率に基づいている。

1位の企業は「1人1台のロボット」を掲げる

 2019年版ランキングのトップ10のうち8社がソフトウェア企業だった。2019年版北米テクノロジーFast 500で1位となったのもソフトウェア企業UiPath。

 同社の創業は2005年。「誰もが1人1台、ソフトロボットを使えるようにする」というビジョンを掲げており、RPA(Robotic Process Automation)によって人々が面倒で反復の多い仕事から解放され、満足のいく価値の高い仕事に集中できるようにすることを目指している。これまでに世界の企業を対象に数百万に上るルールベースの反復的タスクを自動化してきた。

2019年版北米テクノロジーFast 500の上位10社(出典:Deloitte)

 2019年版ランキングに入った500社の2015~2018年度の売上高成長率は、1位のUiPathが37458%(約374倍)、500位の企業が166%で、中央値は439%だった。

 500社の内訳をみると、非上場企業の割合が前年版から7ポイント上昇し、76%となっている。上場企業の割合は24%だ。

シリコンバレーとニューヨーク、どちらに集まっている?

 2019年版北米テクノロジーFast 500にランク入りした500社の本社所在地は、北米の41州にわたる。

#CmsMembersControl .CmsMembersControlIn {width:100%;background:url(https://image.itmedia.co.jp/images/spacer.gif) #DDD;opacity:0.05;filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.Alpha(Enabled=1,Style=0,Opacity=5);z-index:1;}続きを閲覧するには、ブラウザの JavaScript の設定を有効にする必要があります。仮想通貨カジノパチンコパチンコ さいたま

lotto millionk8 カジノFacebookがプロフィール強化 コミュニティーページも導入仮想通貨カジノパチンコ役 麻雀 一覧

lotto millionk8 カジノFacebookがプロフィール強化 コミュニティーページも導入仮想通貨カジノパチンコ役 麻雀 一覧

lotto millionk8 カジノFacebookがプロフィール強化 コミュニティーページも導入仮想通貨カジノパチンコ役 麻雀 一覧

crea オンラインk8 カジノ

最新 パチンコ 無料 動画 Facebookは4月19日、ユーザーのプロフィールページを強化したと発表した。プロフィール欄に、出身地や趣味に関連するFacebookページのリンクを組み込むことができる。

 これまでのプロフィールページは、ユーザーの居住地や出身校、好きな本などがテキストで表示されていた。今回の変更により、テキストの代わりに、Facebook上にある出身校のページや好きなバンドのファンページなどへのリンクを入れることができるようになる。

 さらにこの変更の一環として、プロフィール上の友人リストを友人から隠せるようになった。ユーザーからのリクエストが最も多かった機能という。プロフィールに組み込んだリンクをどの友人に見せるかを選択することも可能だ。

 また、料理や語学学習など、特定のトピック専用の「コミュニティーページ」も導入した。コミュニティーページにはトピックに関する情報が載っており、ユーザーは知識を深めたり、同じ趣味を持つユーザーを見つけることができる。現時点ではコミュニティーページにはWikipediaの情報を載せているが、Facebookは寄稿者も募っている。

料理のコミュニティーページ関連キーワードFacebook | SNS仮想通貨カジノパチンコ秋田 サッカー ブラウ ブリッツ

ビデオ ルーレットk8 カジノ「エンジニアの本当の技量が問われる、だから楽しい」――コーディングを楽しむCTOがエンジニアに伝えたい“焼脳”とは仮想通貨カジノパチンココイン マーケット キャップ 時価 総額

ビデオ ルーレットk8 カジノ「エンジニアの本当の技量が問われる、だから楽しい」――コーディングを楽しむCTOがエンジニアに伝えたい“焼脳”とは仮想通貨カジノパチンココイン マーケット キャップ 時価 総額

ビデオ ルーレットk8 カジノ「エンジニアの本当の技量が問われる、だから楽しい」――コーディングを楽しむCTOがエンジニアに伝えたい“焼脳”とは仮想通貨カジノパチンココイン マーケット キャップ 時価 総額

出張 映画 料金k8 カジノ

パチスロ ロリポップチェーンソー 天井期待値 世界で活躍するエンジニアの先輩たちにお話を伺う「Go Global!」シリーズ。前回に引き続き、「U-NEXT」でCTO(最高技術責任者)を務めるLi Rutong(リー・ルートン)氏にご登場いただく。一番大切な仕事は「自分がいらないシステムを作ること」と語る同氏がエンジニアに伝えたいこととは。

今日は「6時間も」コーディングできる!

阿部川“Go”久広(以降、阿部川) Rutongさんの典型的な1日のスケジュールを教えていただけますか。会議が多いのでしょうか。あるいはご自身で何か開発したり、プログラミングしたりする方が多いのでしょうか。

ルートン氏 いろいろです。会議が多い日もあれば「今日は6時間ずっとコーディングができる」という日もあります。開発メンバーは全員コードを書くことにしています。もちろん私自身も書きます。

阿部川 一般的な印象として、役職に付くと会議が増え、コーディングの時間が少なくなると思いますが、それでも続けている理由は何でしょうか。

ルートン氏 開発ができないと、皆が考えていることが分からなくなってしまうんです。「アーキテクチャだけデザインして実装は他の人がやる」という方法も悪くはないのですが、設計時点でどんなに完璧に見えても、いざ実装段階になるとさまざまな問題が出てくるものです。実装の工程から離れると、そういった問題が分からなくなる。これは実際やってみて分かったことです。ですからCTOという立場であっても、多くの分野にわたって少しずつコードを書かないといけない、と思っています。

 画像「U-NEXT」のLi Rutong(リー・ルートン)氏

阿部川 CTOの立場で今のサービスをこれからどう変えていこうと思っていらっしゃいますか。

ルートン氏 具体的なサービス開発ではなく、システムの構造を変えて、もっと短い時間でサービス提供できる仕組みにしようとしています。これはわれわれが抱えている課題の一つである「新しいメンバーが入ってきたときのラーニングカーブが長過ぎる」を解決するためです。サービスが大きくなるにつれてシステムが複雑になり、とても吸収力の高い人でも3カ月や半年はかかってしまう状態です。「今のシステムの作り方に依存すると、これ以上チームが大きくなれない」と言い換えてもいい。もちろんメンバーを追加すれば、アウトプットは高くなるのですが、その効率が非常に悪い。

阿部川 なるほど、今後も成長し続けるためにシステムの作り方を変えるということですね。

ルートン氏 それだけではなく、サービスの品質を上げるためでもあります。現場や経営層は、そのまま顧客に提供できるような素晴らしいアイデアやプランを持っていますが、今はサービスの実装が追い付いていません。そのため、現在のモノリシックなシステムをもっと分割して、全体がより疎結合しているシステムにし、さまざまな分野が入りやすくする。そうすることでシステムのアップグレードが加速し、顧客に対して、これまで以上のサービスを提供できると思います。

エンジニアの本当の技量が問われる、だから楽しい

阿部川 具体的にどうやって変えるのですか。

ルートン氏 まずはこの問題意識を全員で共有することです。なぜ重要か、そしてそれに手を付けないで放置しておくと、どのようなことになるかを周知することです。その上で提案をしていきます。エンジニアはさまざまな考えを持っていますから、それをまとめたり、私から提案を出したり、そして皆に却下されたり(笑)。その繰り返しですかね。

阿部川 どのくらいの期間で変えようとなさっていらっしゃいますか。

ルートン氏 このプロジェクトが始まったのが約4カ月前ですから、あと1年くらいはかかると思います。われわれのサービスの特徴ですが、メンテナンスのためにシステムを止めるようなことはしません。何も止めずに変化を加えます。それが会社のポリシーです。

 例えば新しいものを、全部ドカンと古いものと入れ替えるのではなく、並行してプロジェクトを進め、物事を少しずつ変化させます。そのためにはコンテナ技術を使います。コンテナの塊を増やし、その組み合わせで複雑な事象に対応します。

阿部川 アイデアとして説明するのはたやすいかもしれませんが、ではどうやってそのパッケージ(コンテナの塊)を作るのか、となると、なかなか一筋縄ではいきませんね。

ルートン氏 そうですね、知識のレベルではなく、メタ知識のレベルになってしまいます。みなのメタ知識が増えないと、うまくいきません。エンジニアとしての本当の技量が問われるところかもしれません。ただこれが分かるようになると、一気に楽しくなりますよ(笑)。

画像阿部川“Go”久広(右)

阿部川 ただ単に「コードが書けます」「言語を知っています」というレベルより上にいかないといけないということですね。ハードウェアなども同じですよね。マシンをどれだけ並列につないでも、ある程度までいくと処理速度はかえって遅くなる。

ルートン氏 はい、似ていると思います。これらは教科書に書かれていないことなので、やってみないと分かりません。

一番大切な仕事は「自分がいらないシステムを作る」仮想通貨カジノパチンコゲーム 無料 面白い

1хюетk8 カジノ完全データ消去で廃棄ディスクからの情報漏えいを防ぐ(Windows diskpart編)仮想通貨カジノパチンコパチンコ 牙 狼 の 新台

1хюетk8 カジノ完全データ消去で廃棄ディスクからの情報漏えいを防ぐ(Windows diskpart編)仮想通貨カジノパチンコパチンコ 牙 狼 の 新台

1хюетk8 カジノ完全データ消去で廃棄ディスクからの情報漏えいを防ぐ(Windows diskpart編)仮想通貨カジノパチンコパチンコ 牙 狼 の 新台

おすすめ コンパクト カメラk8 カジノ 「Tech TIPS」のインデックス

gta5 カジノ スロット 攻略連載目次

対象:Windows 7/Windows 8.1/Windows 10/Windows Server 2008 R2/Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2/Windows Server 2016/Windows Server 2019

cleanコマンドによるディスクの消去とは?cleanコマンドによるディスクの消去とは?diskpartコマンドのcleanは、ディスクの内容を消去するコマンド。単に「clean」を実行するとディスクのインデックスとなる部分(先頭と末尾の1MBずつ)だけを消去する。「clean all」だとディスク全体を全て削除(ゼロデータで上書き)する。元あったファイルのデータ部分やその痕跡も削除できる。

 リースしていたPCを返却する際や古くなったPCを廃棄する際、ディスクの中身を単純に削除しただけだと、ディスクのデータ復元ソフトウェアなどでデータが復元できるため、大事な顧客データなどが流出してしまう危険性がある。廃棄先がディスクの完全破壊(物理的な破壊)を約束している場合でも、廃棄前に念のため大事なデータは完全に消去しておいた方がよいだろう。

 そこで、本Tech TIPSではディスク内のデータを消去する方法を紹介する。

幾つかある廃棄ディスクのデータ消去法

 ディスクのデータ消去法として、最も簡単なのはディスクフォーマットを行うことだろう。ただ、注意が必要なのは、「クイックフォーマット」ではディスクの一部だけを消去するだけであることだ。データ復元ソフトウェアで簡単に元のデータが復元できてしまう。また、フォーマットは、現在のボリュームだけしか消さないため、やはり気を付けないと別のボリュームのデータが残ったままになってしまう。廃棄ディスクのデータ消去には向かないと思った方がよい。

Windows OS標準のフォーマットツールWindows OS標準のフォーマットツールWindows OSには標準でフォーマットツールが付属する。エクスプローラーでフォーマットしたいディスクを選び、右クリックメニューの[フォーマット]を選択すると、このダイアログが表示され、フォーマットが行える。デフォルトの「クイックフォーマット」では、ディスクの一部の領域しか消去しないので、ディスクを廃棄する場合には注意が必要だ。

 Tech TIPS「ディスクの内容を完全に消去する」では、Windows OSにマウントされているドライブに対して「cipher /w」コマンドを実行し、ディスクの空き領域部分の内容を消去する(バイトデータとして0x00を書き込む)方法を紹介した。

 この方法は、例えばディスクを破棄する前に、重要な情報などを全て消去しておくといった際に便利だ。だがWindows OS上から作業を行うことから、未使用部分しかゼロ消去できない、NTFSボリュームにしか適用できないなど、幾つかの制限がある。

 ディスクの内容を削除するコマンドとして、もう1つ、「diskpart.exe」というコマンドを使う方法もある。これはOSのパーティションを作成/管理するためのツールである(詳細はTech TIPS「Windowsのdiskpartコマンドでディスクのパーティションを操作する」参照のこと)。

 GUI版の[ディスクの管理]ツールとは異なり、diskpartには「clean」というサブコマンドがある。これを使うと、ディスク先頭にある管理情報(ブートコード、パーティション情報、ディスク署名など)を削除することができるし、Windows OS以外で使っていたディスクでも初期化できる。また、ディスク全体を完全に消去することも可能である。

 diskpartはWindows OSに標準装備のコマンドなので、Windows環境なら無料で利用できる。また、ディスク消去専用機のようにハードディスク/SSDをPCから取り出す手間も不要だ。さらに、Windows OSがインストールされたシステムドライブも、後述のコラムで説明している方法なら消去可能だ。Windows PCを1台ずつデータ消去するなら、手軽で便利な手段といえるだろう。

 なお、万全を期すのであれば、こうしたデータ消去を行った後に、ドリルで穴を複数開けるなどして物理的に破壊すればよい。

「ディスクのデータを消去する」とは?

 PCで使われるディスクの先頭には、ディスクのサイズやタイプ(MBRタイプやGPTタイプなど)、パーティション情報、ブートコードなどのデータが記録されている。これらの情報をゼロデータで上書き消去することにより、以前の「使用の痕跡」やディスクの署名情報などを素早く消去できる。書籍で言えば、目次や索引などを削除することに相当する。消去後のディスクを自分で再利用するつもりなら、これだけでも十分だろう。

 ディスクを破棄する場合は、ディスク全体にゼロデータなどを上書きして、以前のデータを全て削除するような消去が望ましい。diskpartコマンドではこのタイプの消去も行える。

 なおTech TIPS「廃棄するハードディスクのデータを完全に消去する」では、消去専用のツールを使ったディスクの消去方法を紹介している。電子情報技術産業協会が提唱するディスク破棄時の留意事項などに従った消去作業を行いたければ、このようなツールを使うのが望ましい(電子情報技術産業協会のPDF「パソコンの廃棄・譲渡時におけるハードディスク上のデータ消去に関する留意事項」参照のこと)。diskpartのcleanコマンドでは、ゼロデータ書き込みを1回行うだけであるが、専用ツールではデータや書き込み方法を変えて何度か行い、より「完全に」消去できる。

diskpartコマンドを起動してディスクのデータを消去する

 diskpart.exeコマンドは、ディスクを管理するためのCUIツールである。管理者権限のあるアカウントでサインインしてコマンドプロンプトを開き、diskpartコマンドを実行する。UACが有効なWindows OSの場合は、管理者としてコマンドプロンプトを起動し、その中でdiskpartコマンドを実行する。

 なお、このコマンドでディスクの内容を消去する場合、OSが起動したドライブを消去対象にはできないので、ターゲットとなるドライブを2台目以降のディスクとしてシステムに接続してから作業を行うこと(ドライブ文字を割り当てる必要はなく、システムに接続されていればよい)。内蔵ディスクだけでなく、USB接続のドライブや、リムーバブルストレージ(メモリ)デバイスに対しても消去作業は可能である。

システムの1台目のディスクを消去するには?

 通常のWindows OSを使っている場合は、C:を含むドライブ(システムの1台目のディスク)を消去することはできない。だがWindows OSのインストーラを使えば、任意のディスクの内容を消去できる。

 まずTIPS「『メディア作成ツール』をダウンロードしてWindows 10インストール用のUSBメモリを作る」などの方法を使って、Windows OSインストール用のUSBメモリを作成する。OSのバージョンは何でもよいし、評価版でもよい。

 そのUSBメモリ(もしくはインストール用DVD)でシステムを起動してセットアップ画面を表示させる。そして[Shift]+[F10]キーを押すとコマンドプロンプトの画面が開くはずである。そこで「diskpart」と入力してdiskpartコマンドを起動する。その後の操作は、以下で述べる手順と同じだ。

インストールイメージで起動してdiskpartコマンドを実行する(1)インストールイメージで起動してdiskpartコマンドを実行する(1)Windows 10のインストールUSBメモリ/DVDで起動する。▼インストールイメージで起動してdiskpartコマンドを実行する(2)インストールイメージで起動してdiskpartコマンドを実行する(2)[Shift]+[F10]キーを押すと、コマンドプロンプトが開くので、diskpartコマンドを実行すれば、C:を含むドライブ(システムの1台目のディスク)を消去することができる。方法1―ディスクの管理情報だけを消去する

 ディスクを素早く初期化するには、「clean」というコマンドをオプションなしで実行する。これを実行すると、ディスクの先頭と末尾の1MB分だけをゼロデータで消去する。Windows OS以外で利用していたディスクを使う場合や、一般的なパーティション情報などを持っていないディスクを素早く初期化したい場合などにも便利である。

 作業の手順としては、「list disk ~」で対象ディスクの番号を確認後、「select disk ~」で対象ディスクを選択、「clean」でディスクの先頭にある情報を消去、となる。コマンド実行前の確認などは行われないので、ディスクを間違えないように十分注意して作業していただきたい。

diskpartの起動と対象ディスクの確認diskpartの起動と対象ディスクの確認diskpartコマンドを起動したら、「list disk」でシステムに接続されているディスクを確認する。▼対象ディスクの選択と確認対象ディスクの選択と確認「select disk ~」で消去対象のディスクを選択する。選択されているディスクは先頭に「*」が表示されるので、必ず確認すること。パーティションの状態もチェックし、本当に削除対象であるかどうかを確認すること。「detail disk」コマンドを実行するとディスクのプロパティ情報が表示されるので、そこでもディスクの名称などを確認できる。▼cleanの実行と結果の確認cleanの実行と結果の確認「clean」コマンドを入力すると、確認なしにすぐに実行される。ディスクのサイズに関係なく、どんなディスクでもこの処理はすぐに完了する。「list partition」や「list disk」で、結果を確認すること。消去されると、ディスクの「空き」が、ディスクの「サイズ」と同じになっているはずである。方法2―ディスクの全データを消去する

 ディスク内の全データを消去するには、単にcleanではなく、「clean all」というコマンドを利用する。実行すると、ディスクの全セクタに対してゼロデータが書き込まれる。ディスクやPCを破棄したり、他人に譲渡したりするような場合は、この方法で削除しておくとよい。1回しかデータを書き込まないので、「セキュリティ的に見て、完全な消去」というわけにはいかないが、ファイルやディスクの復活ツールなどで内容を復元されることはまずない。

#CmsMembersControl .CmsMembersControlIn {width:100%;background:url(https://image.itmedia.co.jp/images/spacer.gif) #DDD;opacity:0.05;filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.Alpha(Enabled=1,Style=0,Opacity=5);z-index:1;}続きを閲覧するには、ブラウザの JavaScript の設定を有効にする必要があります。仮想通貨カジノパチンコテレ 玉 高校 ラグビー

ベラ ジョン カジノ おすすめ ブラック ジャックk8 カジノ「Rust」言語を採用したAWS、Rustプロジェクト支援を開始仮想通貨カジノパチンコ麻雀 サンマ オンライン

ベラ ジョン カジノ おすすめ ブラック ジャックk8 カジノ「Rust」言語を採用したAWS、Rustプロジェクト支援を開始仮想通貨カジノパチンコ麻雀 サンマ オンライン

ベラ ジョン カジノ おすすめ ブラック ジャックk8 カジノ「Rust」言語を採用したAWS、Rustプロジェクト支援を開始仮想通貨カジノパチンコ麻雀 サンマ オンライン

spin up casino free spinsk8 カジノ

スロット 目 押し と は Amazon Web Services(AWS)は2019年10月14日(米国時間)、オープンソースのシステムプログラミング言語「Rust」について、開発プロジェクトをスポンサーとして支援することを発表した。

 Rustは、高速で信頼性が高く、効率的なコードを作成、保守できるように設計されている。2015年に最初の安定版がリリースされて以来、実システムへの導入が大きく進んでおり、GoogleやMicrosoft、Mozillaのような企業がいずれもRustを使用している。

 例えばMicrosoftは自社製品の脆弱(ぜいじゃく)性の約7割を占めるメモリ安全性の問題を解決するためにRustが役立つと指摘している(関連記事)。

 AWSでもRustの利用は大幅に拡大しており、「Lambda」「EC2」「S3」のようなサービスにおいて、パフォーマンスに敏感なコンポーネント用の言語として採用している。

 AWSは先ごろ、軽量のマイクロ仮想マシン(microVM)を数秒で起動できる安全な仮想化技術「Firecracker」をオープンソースとして公開したが、ここでもRustが採用されている(関連記事)。

 なお、AWSでユーザーがRustを利用する際には、AWS SDK「Rusoto」が利用でき、AWS LambdaでRustを使うには「AWS Lambda Runtime Rust」の利用を勧めている。

なぜRustを選んだのか

 AWSは、Rustのプロジェクトメンテナの説明を引用し、Rustの主な特徴を次のように紹介している。

パフォーマンス Rustは、極めて高速でメモリ効率が高い。ランタイムやガベージコレクタを使わず、パフォーマンスが重要となるサービスを実現できる他、組み込みデバイスで動作するプログラムを作成でき、他の言語と容易に連携できる信頼性 豊富な機能を備えたRustの型システムとオーナーシップモデルは、メモリ安全性とスレッド安全性を保証し、コンパイル時にさまざまなタイプのバグを解消できる生産性 Rustはドキュメントが充実している。コンパイラのエラーメッセージは分かりやすく、使いやすい。周辺ツールも優れており、パッケージマネジャーとビルドツールの統合やスマートマルチエディタサポート、自動入力補完、型検査、自動整形などの機能を利用できる

 さらにAWSは、Rustでは以下のような高機能なライブラリが利用できると述べている。

#CmsMembersControl .CmsMembersControlIn {width:100%;background:url(https://image.itmedia.co.jp/images/spacer.gif) #DDD;opacity:0.05;filter:progid:DXImageTransform.Microsoft.Alpha(Enabled=1,Style=0,Opacity=5);z-index:1;}続きを閲覧するには、ブラウザの JavaScript の設定を有効にする必要があります。仮想通貨カジノパチンコヤフオク ハスラー ホイール

ベラジョン 増やし 方k8 カジノNHK、Webで意見集める国際討論番組「プロジェクト WISDOM」仮想通貨カジノパチンコ山 佐 ファウスト

ベラジョン 増やし 方k8 カジノNHK、Webで意見集める国際討論番組「プロジェクト WISDOM」仮想通貨カジノパチンコ山 佐 ファウスト

ベラジョン 増やし 方k8 カジノNHK、Webで意見集める国際討論番組「プロジェクト WISDOM」仮想通貨カジノパチンコ山 佐 ファウスト

リモート ワーク ないk8 カジノ photoプロジェクト WISDOM

せん ごく おとめ 3 スロ 日本放送協会(NHK)は、Webで意見を募集し、番組に反映する国際討論テレビ番組「プロジェクト WISDOM」の第1回目を4月29日午後9時~10時50分にBS1で放送する。

 東京のスタジオと海外をつなぎ、専門家らがディベートを行う番組。日英2カ国語のWebサイトを立ち上げ、各回のテーマについて意見を世界中から募る。集まった意見を参考にディベートの論点などを決定。討論の中での意見紹介も検討しているという。

 初回は「アフリカの子どもに希望を!」がテーマ。「さまざまな援助にもかかわらず、なぜ多くのアフリカの子どもたちは厳しい状況に置かれているのでしょうか」「経済開発や企業の進出はアフリカの子どもたちに幸せをもたらすと思われますか それはなぜですか」といった設問への回答を募集している。テキストだけでなく、画像や動画も投稿可能。

 「Webを活用することで、これまでの討論番組ではすくい取れなかった新しい発想や鋭い指摘を得られるのではないかと期待している」という。

関連キーワードNHK | 募集仮想通貨カジノパチンコ天皇 杯 決勝 チケット 転売

pworld 福岡k8 カジノiGoogleのチャットにファイル送信機能が追加仮想通貨カジノパチンコかぐや 様 は 新刊

pworld 福岡k8 カジノiGoogleのチャットにファイル送信機能が追加仮想通貨カジノパチンコかぐや 様 は 新刊

pworld 福岡k8 カジノiGoogleのチャットにファイル送信機能が追加仮想通貨カジノパチンコかぐや 様 は 新刊

旅行 wifi レンタル 国内k8 カジノ

ビット コイン カジノ ボーナス 米Googleは3月29日、パーソナライズドページiGoogleのチャットからファイルを送信できる機能を追加したと発表した。この機能は同社のSNSサービスOrkutにも追加された。従来Googleのサービスでチャット相手にファイルを送るには、Gmailに添付するか、Google Talkのデスクトップ版を使う必要があった。

 iGoogleのチャット用ウィンドウの「操作」プルダウンメニューに追加された「ファイルを送信」を選択してファイルを選べば、チャット中の相手にファイルを送れる。

chat

 相手がGoogle Talkのデスクトップ版を使っている場合でもファイルの送受信が可能だ。Googleはこの機能を間もなくGmailのチャットにも追加する計画だ。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワードチャット | Google | iGoogle | Gmail | Google Talk | Orkut | 添付ファイル仮想通貨カジノパチンコau ポイント は

銀座 宝くじ 売り場k8 カジノWordPress、PubSubHubbub対応で「リアルタイムフィード」を実現仮想通貨カジノパチンコ大海 アグネス 3

銀座 宝くじ 売り場k8 カジノWordPress、PubSubHubbub対応で「リアルタイムフィード」を実現仮想通貨カジノパチンコ大海 アグネス 3

銀座 宝くじ 売り場k8 カジノWordPress、PubSubHubbub対応で「リアルタイムフィード」を実現仮想通貨カジノパチンコ大海 アグネス 3

クラン キー パチスロk8 カジノ

スロット キャビネット 防音 米Automatticは3月3日、同社が運営するオープンソースのブログ作成ツールWordPressで、リアルタイムフィードのためのプロトコル「PubSubHubbub」をサポートしたと発表した。

 PubSubHubbubはブログの更新情報をRSSにリアルタイムで反映させるためのオープンなプロトコル。Google Reader、livedoor Blog、TypePad、Google Buzzなどが対応している。同プロトコルの採用により、現在1050万あるWordPressのブログでの更新がほぼリアルタイムでフィードされるようになった。ブロガー側で設定を変える必要はない。ただし、アプリケーションを利用しているユーザーは「PuSHPress」というプラグインをインストールする必要がある。

 WordPressは2009年9月に、RSSのプッシュサービス「RSSCloud」をサポートしている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワードリアルタイム | WordPress | プロトコル | PubSubHubbub | Google Buzz | Google Reader | RSS | TypePad | livedoor Blog仮想通貨カジノパチンコツールド フランス サコッシュ

ベラ ジョン カジノ 入金k8 カジノ24時間365日稼働するコールセンターにHCIを導入――ロココが語る舞台裏仮想通貨カジノパチンコカジ 旅 フリー スピン 購入

ベラ ジョン カジノ 入金k8 カジノ24時間365日稼働するコールセンターにHCIを導入――ロココが語る舞台裏仮想通貨カジノパチンコカジ 旅 フリー スピン 購入

ベラ ジョン カジノ 入金k8 カジノ24時間365日稼働するコールセンターにHCIを導入――ロココが語る舞台裏仮想通貨カジノパチンコカジ 旅 フリー スピン 購入

nikon カメラ 最新k8 カジノ

ノイズ キャンセ リング イヤホン パチンコ 屋 ビジネスにおけるITインフラの重要性が高まる中、増加し続けるリソース要求に対応しつつ、システム構成の複雑化を回避できるソリューションとして注目を集めている「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)。HCIは、ストレージやサーバ、ネットワーク、仮想化管理ソフトウェアといった構成要素をひとまとめにし、事前検証済みの状態で提供される。導入や拡張の容易さ、構成のシンプルさといったメリットから、将来を見据えた効率的なITインフラの切り札になることを期待されている。

ロココ ITインフラソリューション事業部 石見茂氏ロココ ITインフラソリューション事業部 石見茂氏

 デルは、VMwareのストレージ仮想化製品である「VMware vSAN」(以下、vSAN)をベースとしたHCI「Dell EMC vSAN Ready Nodes」と関連サービスの提供を通じ、さまざまな業種、業界の企業に対して、ITインフラのTCO(総所有コスト)削減に向けたサポートを行っている。同社は2019年9月26日、大阪で「中堅企業向け Dell Technologies ソリューション事例セミナー」を開催した。同セミナーでは、Dell EMC vSAN Ready Nodesを採用した複数の企業が、導入前に感じていた課題や導入後の感想を語った。本稿ではロココのITインフラソリューション事業部に所属する石見茂氏の講演内容を紹介する。

コールセンター事業の要として高いセキュリティを確保できるVDI環境を構築

 1994年6月に設立され、2019年で創業25周年を迎えたロココは、大阪と東京の2拠点に本社を置くシステムインテグレーター(SIer)だ。事業の柱は4つある。コールセンターの運営受託を中心とした「BPO」事業、「ITアウトソーシング」「HRソリューション」の開発提供、そしてチケッティングなどの「エンタテインメント業界向けシステム」の開発運用だ。

 石見氏の所属するITインフラソリューション事業部は、これらの事業を展開する上で必要なITインフラの構築と安定稼働のための運用管理を行う。さらに、社内インフラの構築運用ノウハウの外販も手掛けている。石見氏自身は、ITインフラを支える業務に20年以上携わってきたエキスパートでもある。

 今回、同社がHCIによる刷新を行ったのは、BPO事業に属するコールセンターのシステム運用基盤だ。

 石見氏は「コールセンター業務で最も重要なのは、顧客情報のセキュリティだ」と話す。同社は、コールセンター事業を展開するに当たって、主にこのセキュリティ強化を目的として、今から5年前にデルのシンクライアント「Dell Wyseシンクライアント」を導入していた。構成としては、仮想PCと仮想サーバのクラスタ用に「Dell PowerEdge R620」ラックサーバを各2台、iSCSI用スイッチとして「Dell Networking 560」2台による冗長化構成を組み、ストレージには「Dell EqualLogic P56100X」を採用した。シンクライアントである「Dell Wyse P25」は50台導入し、「VMware vSphere」によるVDI(仮想デスクトップインフラ)環境を構築していた。

HCI導入前の構成HCI導入前の構成

 「企業とコールセンター業務の受託契約を結ぶ際に、『ローカルに一切の顧客情報を保存しない』ことが必須条件となっていた。また、日によって各オペレーターの座席が変わることも考慮すると、Dell Wyseシンクライアントを利用したVDIの構築がベストだと判断した」(石見氏)

 この「ローカルに情報を残さない」という条件は、コールセンターに電話をかけてくる一般消費者と、オペレーターとの通話内容に対しても適用される。ネットワークインフラに常時、通話の音声データを流しつつ、その内容を保存する環境を作るに当たっては、帯域のチューニングに最も手間が掛かったと、石見氏は当時を振り返る。通話内容が違和感なく聞き取れる音質と、データ転送スピードとの最も良いバランスを見つけ出すまでに、約1年の試行錯誤を繰り返したという。

 また、構築当初から懸念されていた課題として「システムリプレースのタイミング」に関するものがあった。コールセンター業務は「24時間365日」の稼働が求められ、基本的にシステムを停止させない前提での運用が必須だ。リソースの拡張や障害対応、ソフトウェアのEOL(End of Life)対応などに伴う機器のリプレースを行うに当たっては、そのタイミングとプロセスについて、慎重な計画が必要になると感じていたという。

事業の成長でリソースが切迫――将来を視野にHCIでの刷新を決意

 今回の基盤刷新を検討した最大の要因は、VDIの導入から5年が経過し、コールセンター事業の成長に伴って、ストレージを中心にシステムリソースが切迫していたことだったという。同時に、2020年の「Windows 7」延長サポートの終了を控え、デスクトップ環境の「Windows 10」移行も必要になっていた。

 「VDIの刷新に当たっては、5年前に導入したDell Wyse P25が引き続き利用できるのかも大きな課題だった。導入当時の担当者によれば、基盤側が新しくなっても引き続き利用できるとのことだったが、万一、入れ替えが必要になると、当初の予定の約3倍もの予算が必要になることが予想された」(石見氏)

 これらに加え、同社は「今後のさらなる事業拡大」も視野に入れた。リソースが再度切迫した場合でも、サービスを停止させることなくより合理的なコストでリソースを拡張できる環境を検討したという。

 これらの課題を解決できる基盤として導入を決定したのがvSANベースで動作するデルのHCIソリューションだった。リソース不足の解消に当たっては、サーバ仮想化基盤とデスクトップ仮想化基盤の双方に「Dell Power Edge R640」を4台ずつ採用。CPUパワーとメモリ容量についても旧基盤の数倍に増やし、ストレージに関してはオールフラッシュ化を行った。

 HCIの導入に当たって、経営陣の説得に最も威力を発揮したのが「サーバの追加だけでリソース全体を増強でき、その際、既存のサーバを停止する必要がない」点だったという。

 「リソースの追加に当たって、新たに購入しなければならないのがサーバ本体とライセンスのみであるというHCIのメリットは魅力的だった。iSCSI用スイッチなどを購入する必要がなく、加えて、外部ストレージの増設方法などにも気を使わなくてよい点は、迅速なリソース追加と運用管理負荷の低減に寄与すると感じた」(石見氏)

 同社のVDIには、以前より、VMwareのネットワーク仮想化製品「VMware NSX」が使われていた。それとvSANベースのHCIを組み合わせることによる相乗効果、例えば、サーバ追加で容易にスケールアウトできることを期待していたという。

 また、最大の懸念だったDell Wyse P25の継続利用についても、端末側のファームウェアアップデートで無事実現できたという。

 「Dell Wyse P25の継続利用ができなかった場合に備えて、端末総入れ替えを想定した予算立案も行うなど、将来的なビジネス拡大を視野に入れた運用管理の環境作りに投資を行った」(石見氏)

VMの増加と運用の複雑性に対処するための環境を導入

 コールセンター事業の拡大は、端末を使うオペレーターの増加と、請負先ごとのシステム(VM:仮想マシン)が基盤に増加することを意味する。個々のVMは、請負先との契約に応じた個別のポリシー設定が必要になるため、契約先が増えるほど、運用管理にかかる管理者の負担も増していくことになる。もちろん、基盤全体の安定稼働は必須条件だ。

 同社はまず、VDI全体の運用監視ツールとして「VMware Horizon Enterprise(vRealize Operations for Horizon/vSAN)」の導入を決めた。vRealize Operations for Horizon(以下、V4H)は、ネットワークを含む基盤のリソース全体の状況を可視化し、安定稼働に影響を与えるシステムの変化を常に監視できる。これによって、将来的にリソースとVMがさらに増えた場合でも、システム全体の管理を効率化できるというわけだ。

 「例えば、システムのエンドユーザーであるオペレーターから『PCが遅い』という指摘があった場合、その原因の大半は『リソース不足』だった。しかし、今回の基盤刷新で、リソースの量は十分に確保され、ストレージもオールフラッシュ化によって大幅に高速化している。つまり今後、そうした指摘があった場合には本当の原因を見極めて対応する必要がある。だからこそ、仮想化基盤のリソース状況や、ネットワークの監視をこれまで以上にしっかりと実施し、その結果に基づいて問題解決を図っていく必要がある。V4Hは、問題解決につながる有用なツールだと考えている」(石見氏)

 V4HとVMware NSXとの組み合わせで、セキュリティポリシー設定の簡素化と、一部のVMにだけ問題が発生した場合でも他のVMに影響を及ぼさない仕組みの構築を行っているという。

 また、同社は今回の基盤刷新を機に「VMware PSO」と呼ばれる、コンサルティングや教育を含むサポートサービスの契約も行った。

 「VDIの構成は、主に自分たちで設計や変更を行っていた。しかし、結果的にセキュリティリスクをシステムに内在させてしまったり、複雑な構成にさせてしまったりしてひずみにつながった。VMware PSOは決して安価なサービスではないが、自分たちが設計するより安定性が高く、セキュリティリスクが低い、正しい構成を行うための指標を得られるようになった。今後の拡張を視野に入れ、ベストプラクティスに基づいた基盤設計が可能になったことは、非常に価値があると感じている」(石見氏)

シンプルなシステム構成もHCIのメリット――適用範囲の拡大も視野に

 石見氏は、HCIによる新基盤の導入後、VDI環境全体の構成が大幅に単純化できたことも評価している。

 「HCIを採用したことで、サーバとスイッチのみの構成になり、ストレージ分のラックスペースが不要になった。これにより、システムの物理的な障害ポイントも、以前より少なくなっている。ただ、vSANの利用に当たっては、vSAN専用のNICとネットワークを確保することが推奨されているため、貴重な空きNICがとられてしまうという副作用もある。これについては仕方がないので、必要な対応をしようと考えている」(石見氏)

 同社は、5年前のシステム刷新に続き、今回のHCIによるリプレースについても、パートナーとしてデルを選択した。その理由として、石見氏は「5年前の刷新から、今までの実績を評価した。大きな障害も発生せず、われわれの要望に対しても、十二分な体制で応えてくれた。デルが作った環境への信頼感は大きかった」と話す。

 「今回の刷新では結果的にかなりの予算を投じることになったが、HCIによって、将来の拡張を見据えた最適な基盤を構築できたと自負している。システムを刷新したことで、セキュリティ面や安定稼働に対する既存顧客の信頼感向上と、新規顧客の獲得にも良い影響を与えている」(石見氏)

 ロココは、このHCIによるVDIベースのシステム基盤を、同社が持つ他のコールセンター拠点に展開する計画がある。また、コールセンターだけでなく、それ以外の業務環境にもVDIを段階的に導入することも視野に入れているという。

仮想通貨カジノパチンコバルサ アディダス

業界連盟:ルーレット カジノ k8 入金不要ボーナス k8 パチスロ 機種 ボーナスバイ おすすめ k8 ライブカジノ k8 カジノ k8 カジノ パチスロ オンライン | Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap