マルハン 四谷k8 カジノスマホカメラを使った現場の業務効率化アイデアを現実のものにした7つの事例仮想通貨カジノパチンコ雀 魂 マーク

マルハン 四谷k8 カジノスマホカメラを使った現場の業務効率化アイデアを現実のものにした7つの事例仮想通貨カジノパチンコ雀 魂 マーク

マルハン 四谷k8 カジノスマホカメラを使った現場の業務効率化アイデアを現実のものにした7つの事例仮想通貨カジノパチンコ雀 魂 マーク

ポーカー 初心者 本k8 カジノ 【編集長】内野の視点

オンカジ フリー スピン 確率デジタルトランスフォーメーション(DX)のトレンドが進展し、今多くの企業が新たなビジネス価値の追求に取り組んでいます。しかしながら、新たな価値といわれても具体的に何をしていいか分からず、取り組みに挫折してしまう、もしくは足を踏み出すことすらできないケースも多いようです。

ただ、最大の問題は新たな価値を生み出そうとせんばかりに取り組みに対する心理的ハードルを自ら高めてしまっていることではないでしょうか。「イノベーションを生み出せ」とさかんに言われていますが、最も大切なのは日常の気付きです。まずは自社ビジネスの在り方やプロセス、日常的な問題意識を見直してみるとイノベーションのヒントは意外に身近なところに転がっているものです。

今回、取材したKAITOセキュアカメラはまさしくそうした“気付き”に目を向けさせてくれるソリューションということです。では、具体的にセキュアカメラはわれわれにどのような観点を与えてくれるのでしょうか。既に多数あるという事例を通じてイノベーションのヒントをつかむ1つのアプローチを探ってみたいと思います。

“モバイル活用”に潜むこれだけのリスク

 業務効率化、ひいては働き方改革の“切り札”として、今、多くの企業で注目を集める「モバイル活用」。そのメリットは明白だ。スマホやモバイルPCなどのスマートデバイスは携行性の高さと多機能さから、さまざまな業務改善に役立てることが可能だ。手軽に証跡を残せるとあって、社外でのメール確認の他、各種書類や定期巡回先の撮影なども広く行われるようになっている。

 ただし、便利さには往々にしてリスクも付き物だ。それはモバイル活用も例外ではない。中でも企業にとって悩ましいのが「情報漏えい」の問題である。

 モバイル活用の手法はさまざまだが、何も策を講じていなければ利用データは端末内に残り続ける。では、この状況で端末を紛失したらどうなるか。場合によっては信頼の失墜のみならず、経済面で大きな痛手を被る可能性もある。しかも、モバイル端末は携行しやすいだけに紛失の恐れも大きい。

 これらに対応できなければ、いくら便利とはいえモバイル活用を断念、もしくはごく限られた範囲だけの利用に止めざるを得ないのだ。

500社に利用されるモバイル活用の“現実解”

 対策として従来、用いられてきたのがシンクライアントなどだが、それらに共通する問題が、利用に少なからぬ手間とコスト負担が求められることだ。そのため、IT予算などに乏しい中堅・中小企業などでは、モバイル活用を諦めたり、リスクを承知で利用したりといったこともしばしばであった。

 だが、状況は大きく変わりつつある。背景にはモバイル活用の広がりを受け、安価かつ手軽に導入できる対策が相次いでいることがある。そして、それらの先駆けに位置付けられ、大手金融機関を中心に累計500社に利用されているのが、ジェーエムエーシステムズ(JMAS)のスマートデバイス向けセキュリティソリューション「KAITOシリーズ」だ。

 KAITOシリーズは「KAITOセキュアブラウザ」「KAITOセキュアレコーダ」「KAITOセキュアカメラ」の3製品から成る。中でも現在、利用者が急増しているのがKAITOセキュアカメラだ。その一番の特長は独自開発の通信基盤上に、業務利用を織り込んだアプリケーションを用意することで、“セキュリティ”と“効率性”を高いレベルで両立していることだ。

“セキュリティ”と“効率性”のための仕掛け

 KAITOセキュアカメラの通信基盤は非同期通信によって、途中でデータの転送が中断した場合にも、通信復旧後に残るデータの送信を再開して確実に送り届ける役割を担う。画像データや映像データをメモリ上にのみ格納し、圧縮・分割・暗号化するとともに、転送操作を行った後には人手を介すことなくデータ消去まで自動的に実行するよう設計されている。

 これにより、例えば一般的なメールのような、再送信のための手間が不要となり、効率的かつ確実なデータ転送を実現する。

ジェーエムエーシステムズ 事業企画部 プロダクト営業グループ マネジャー 上村武弘氏

 JMASの事業企画部 プロダクト営業グループでマネジャーを務める上村武弘氏は、「KAITOセキュアカメラの一番の利点は、データを端末側に一切残さないこと。データの消去を自動で行うため、利用者の手を煩わせることもありません」と話す。

 KAITOセキュアカメラは簡単に利用に乗り出せるのもポイントだ。必要な作業はクラウド版であればモバイル端末に専用アプリをインストールするだけ。Windows、iOS、Androidのいずれにも対応している。利用料金については、100ユーザー1カ月当たりで10万円からと非常に安価だ。

 加えて「KAITOセキュアカメラは無駄な機能をできる限り省いています」と上村氏。それだけに、操作も極めて簡単で、導入研修も最低限に抑えられる。前述の利用実績も、KAITOセキュアカメラのセキュリティと利便性、さらに導入の容易さや低コストといった総合力があればこそだ。

業種業態、企業規模を問わない高い活用性―活用事例7選ジェーエムエーシステムズ 事業企画部 プロダクト営業グループ 小澤祐一氏

 JMASで事業企画部 プロダクト営業グループに所属する小澤祐一氏は、「KAITOセキュアカメラは機能がシンプルなだけに活用法はアイデアの数だけ存在します。画像は用途開拓の余地が豊富に残されており、セキュリティにシビアな金融機関に加え、メーカーや流通などでも業務改善の新手法として活用機運が盛り上がっています」と説明する。

 成果を上げている企業は業種業態や企業規模を問わず数多いが、ここからは厳選してお届けしよう。

【1】自動車メーカーの試作品設計

 KAITOセキュアカメラは、とある自動車メーカーでの設計開発業務にも活用されている。メーカーにとって設計開発の過程で撮影された写真は極めて重要な機密情報だ。

 同社では、カメラの利用申請から、撮影後のPCへのデータ転送、データ消去後の返却までを厳格なルールで運用していたが、保有するカメラの台数が限られるため、ルールの順守がおろそかにされがちだった。こうした問題も、写真を確実に送信した後端末から消去するKAITOセキュアカメラを採用して既存申請業務を簡略化、必要な時に撮影業務が簡単に行えるようにすることで、抜本的に解決されたのである。

自動車メーカーにおける導入効果【2】発電施設の設備管理、点検

 設備管理に活用している電力会社もある。発電施設は大規模で、点検すべき対象も無数に存在する。それらの記録を細かく残すのは骨の折れる作業である。対して写真を使えば、ひと目で状況を確認でき、それだけ書面に残す記録を削減できる。

電力会社における導入効果【3】ペーパーレス化

 仕事に“紙”は付き物だが、KAITOセキュアカメラによりペーパーレス化を実現した例もある

 とある小売業ではポイントカード申し込みに当たり、委託業者に申込書を送付し、入会に際しての入力業務を行っていた。だが、この手法では各店舗から申込書の送付が必要で、そのコストも個人情報保護の観点から割高なことが問題視されていた。そこで同社では申込書を撮影して、委託業者に直接送付することで紙のやりとりが一掃されたのだ。

 もちろんペーパレス化は申込書に限った話ではない。某小売業では新規スタッフ採用において拠点から本部へ送付していた履歴書のペーパレス化、某金融機関では控除対象となる各種申請における領収書のペーパレス化にも利用されており、KAITOセキュアカメラによってペーパレス化することで、さまざまな申請シーンでも業務が効率化できるのは容易に想像できる。

【4】タイムスタンプとGPSによる真正性の担保――担保物件の評価や監査業務、在宅医療

 KAITOセキュアカメラのメリットの1つに、データの転送時に、サーバ側の時刻を取得し、クライアント側でデータにタイムスタンプを付加してから転送することがある。加えてGPSによる位置情報も付加できるのだ。そのため、撮影日時や転送時刻、位置情報などと照らし合わせることで、真正性を高いレベルで担保できる。

 「この点に着目して担保となる物件の評価や監査業務に採用する金融機関も多くなっています」(小澤氏)

【5】事故現場の調査――テクノ・セイフティ

 KAITOセキュアカメラの代表的な活用事例の1社が、保険会社からの依頼を受けて事故現場の調査を行うテクノ・セイフティである。

 調査過程で現場検証や確認用に何枚もの写真を撮影する同社では、それらを基に報告用レポートを作成していた。レポートを保険会社に提出後、不備が指摘されることで再度の撮影を余儀なくされることもしばしばだった。この点を踏まえ、テクノ・セイフティはオンプレミス版でKAITOセキュアカメラを導入。社内のKAITOセキュアカメラ用サーバとテクノ・セイフティのシステムとを連携させた。レポート作成までの時間を削減して、問題点が迅速に保険会社に通知されるように環境を整備した。

 「社員が70人ぐらいの規模の企業でもKAITOセキュアカメラのオンプレミス版を連携させることで安価に業務効率化を実現できます」(小澤氏)

【6】営業活用――住友生命保険、【7】物件調査――ヒューリック

 他にも、住友生命保険では営業活用を目的に、不動産会社のヒューリックでは物件の調査確認のために活用されている。

住友生命保険における導入効果ヒューリックにおける導入効果

 これらの詳細は下記で確認できる。

住友生命保険における活用事例ヒューリックにおける活用事例2018年3月には安価な新版もリリース

 JMASではより多くのユーザー獲得に向けた商品展開を計画中だ。第1弾は2018年3月にリリース予定の「KAITOセキュアカメラ メール送信版」である。これはKAITOセキュアカメラのデータ自動削除機能による安全性はそのままに、撮影者が指定したメールアドレス宛てに添付ファイルとして撮影データを送信でき、利用料を安価に抑えたものである。

 「スモールスタートで始めて効果を見ながら利用規模を大きくしたい」「会議の板書や商談時のメモなどを撮影し、素早く共有したい」という企業には最適だ。もちろん、これら以外にも用途は多様に広がるだろう。

 併せて、近い将来には、独自の通信基盤をSDKとして提供することも視野に入れているという。

 「データのやりとりにおいて通信基盤は必須機能です。当社のSDKを利用すれば、通信におけるエラー処理などの作り込みが不要となり、それだけ早く簡単にアプリケーションを開発できるようになります。現場のニーズへいち早く対応したい開発者には、このメリットは見逃せないはずです」(上村氏)

 モバイル活用の今後のさらなる広がりに異論を挟む向きはないだろう。JMASのKAITOセキュアカメラは、“安全”と“効率性”を両輪に、さらなる進化を遂げるはずである。

【編集長】内野の視点

DXというと、AI、IoT、AR/VRなど最新のテクノロジーを使って誰もが思いつかなかったような機能やサービスを開発すること、といったイメージが強いようです。しかし、DXで一番大切なのは、ビジネス価値やユーザー体験価値です。業務部門のエンドユーザーやその取引先の担当者、ひいてはその最終消費者まで含めて、全てのステークホルダーを幸せにすること。最新の技術を使ったり、奇抜な発想で人を驚かせたりすることではないのです。

KAITOセキュアカメラは独自の通信基盤を採用しているものの、決して目新しい技術を採用しているわけではありません。しかし、多様な業種、多様な立場の人たちに「これがあったら」「これができたら」という業務改善のヒントをごく自然な形で発想させてくれます。そして何より大切なのが、業務に対する自らの問題意識をスピーディーに解決できること。これが現場の1人1人に多大な実効感とモチベーションを与えてくれるのです。

特に一般的な企業においては、「セキュリティ、ガバナンス・コンプライアンスを確実に担保しなければならない」という大前提が、新たな取り組みの阻害要因になることが珍しくありません。まさしくその点に配慮したKAITOセキュアカメラは、多様な現場で働く人たちの問題意識、ひいてはクリエイティビティを一気に解放してくれるアプリケーションだといえるのではないでしょうか。技術の世界だけに目を向け、技術の世界に閉じこもることがDXではない――KAITOセキュアカメラのシンプルなアーキテクチャは、そうした誤解にあらためて気付かせてくれるとともに、正しいDXの在り方を示唆してくれているかのようです。

ただ何より印象的なのは、こうしたアプリケーションを開発したJMASの発想力でしょう。多数のサービス開発、SI経験から、一般企業のペインポイントを知り抜いた設計・開発陣でなければ、現場の人の気持ちにまで踏み込んだアプリケーションなど到底発想することはできなかったのではないでしょうか。DX推進の上ではテクノロジーパートナーとの緊密な連携が重要といわれています。もしかしたら、JMASの本領が発揮されるのは、KAITOセキュアカメラの導入後こそなのかもしれません。ぜひ皆さんも本稿を1つの参考に、「今目の前にある課題や疑問」を見直してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨カジノパチンコユニホーム 規定 サッカー

スロット 番長k8 カジノ==演算子とEqualsメソッドの違いとは?[C#]仮想通貨カジノパチンコチェリー カジノ 出 金 条件

スロット 番長k8 カジノ==演算子とEqualsメソッドの違いとは?[C#]仮想通貨カジノパチンコチェリー カジノ 出 金 条件

スロット 番長k8 カジノ==演算子とEqualsメソッドの違いとは?[C#]仮想通貨カジノパチンコチェリー カジノ 出 金 条件

giga スクール 構想 対象k8 カジノ 「.NET TIPS」のインデックス

まどか スロット 中古連載「.NET TIPS」

 C#の==演算子(および、その否定である!=演算子)とオブジェクトのEqualsメソッドは、どちらも「等しいかどうか」を調べるものだ。よく似ている2つの違いは何だろうか? 本稿では、その違いを解説するとともに、等価性を調べるコーディングの指針を提唱する。

POINT 等価性を調べるお勧めの方法等価性を調べるお勧めの方法まとめ等価性を調べるお勧めの方法まとめ「ケースバイケースだ」というのが本音なのだが、一応の目安としてこのような方針を提唱したい。

 特定のトピックをすぐに知りたいという方は以下のリンクを活用してほしい。

==演算子とEqualsメソッドの違いとは?参照の等価性(同一のオブジェクトか)を調べるには?値の等価性(中身が同じか)を調べるには?==演算子はタイプセーフEqualsメソッドはポリモーフィズムobject.Equalsの落とし穴

 なお、本稿に掲載したサンプルコードをそのまま試すにはVisual Studio 2015以降が必要である。サンプルコードはコンソールアプリの一部であり、コードの冒頭に以下の宣言が必要となる。

using System;using System.Net;using System.Text;using static System.Console;

本稿のサンプルコードに必要な宣言(C#)==演算子とEqualsメソッドの違いとは?

 どちらも等価性(=同じかどうか)を調べるものだ。参照型(クラスなど)においては、既定ではどちらも参照の等価性を比較する。継承先によっては値の等価性を比較するように変更されている場合がある。==演算子とEqualsメソッドの端的な違いは、それらの実装が値の等価性比較を行うように変えられているパターンにある。つまり、.NET Frameworkクラスライブラリの設計思想にあるのだ。また、値型(.NET Frameworkが提供する構造体と列挙型)においては、どちらも値の等価性を比較するようになっている(なお、構造体を自分で定義する場合、==演算子は自分で定義しないと使用できない)。

 なお、==演算子は「オーバーロード」されるが、Equalsメソッドは(一般的に)「オーバーライド」されるという違いもある(特徴の幾つかは後述のトピックで扱う)。

 2種類の等価性には、次のような違いがある。

参照の等価性:比較する2つのオブジェクト参照が同じ1つのオブジェクトを参照しているか(同一のオブジェクトか)値の等価性:比較する2つのオブジェクトが同じ値を持っているか(中身が同じか)

 どのような場合に値の等価性比較になっているかというと、次の3つのケースに分けられる。

値型:Equalsメソッドは「値」の等価性比較。==演算子が実装されているなら、それも「値」の等価性比較イミュータブルな参照型:==演算子もEqualsメソッドも、「値」の等価性比較ミュータブルな参照型:多くは、==演算子もEqualsメソッドも「参照」の等価性比較(既定のまま)。「値」の等価性比較に意味がある(と設計者が判断した)場合は、Equalsメソッドで「値」の等価性比較を行うようになっている

 なお、上に登場した2種類の参照型とは次のようなものだ。

イミュータブルな参照型(変更不可能な参照型):インスタンスを生成した後はその状態を変更できない参照型のことである。Stringクラス/Uriクラス/Versionクラス(以上、System名前空間)やHttpMethodクラス(System.Net.Http名前空間)などがあるミュータブルな参照型(変更可能な参照型):インスタンスの状態を後から変更できる参照型、つまり一般的なクラスのことである。その中で一部のものは、Equalsメソッドで「値」の等価性比較を行うようになっている。Cookieクラス(System.Net名前空間)やStringBuilderクラス(System.Text名前空間)などがそうだ

 さて、以上の説明からは、ミュータブルな参照型においては==演算子とEqualsメソッドの使い分けが難しそうだと予想できるだろう。さらに、Objectクラスには2引数を取るEquals静的メソッドとReferenceEqualsメソッドという等価性比較の手段もある。これではどのようにコーディングすればよいのか迷ってしまうだろう。そこで、比較するものと比較したい等価性ごとのお勧めの方法をまとめてみた(次の表)。

比較するもの参照の等価性値の等価性値型(比較する意味がない)==演算子/!=演算子イミュータブルな参照型ReferenceEqualsメソッド==演算子/!=演算子ミュータブルな参照型==演算子/!=演算子ReferenceEqualsメソッドEqualsメソッド【C#】比較するものと比較したい等価性ごとのお勧めの方法のまとめ

 上の表は、筆者のお勧めの方法だけを示している。表にはないが、例えばイミュータブルな参照型で参照の等価性を調べるには、object型にキャストしてから==演算子を呼び出すという方法もある。

 値型は変数ごとに必ず別のオブジェクトになるため(スタックにそのための領域が確保され、そこに値がコピーされるため)、値型については参照の等価性は比較する意味がない(比較しても必ずfalseになる)。

 「値の等価性」欄に記した方法が使えるのは、値の等価性比較が可能な場合だけである点には注意しよう。

 例えば、参照型は、既定では値の等価性を比較する方法を持っていない。その場合、==演算子もEqualsメソッドも参照の等価性比較になる。イミュータブルな参照型では、==演算子もEqualsメソッドも値の等価性比較になっているはずだ(そのため、参照の等価性比較にはReferenceEqualsメソッドを使うことになる)。

 また、値型は、構造体は既定では==演算子を持っていないが、値の等価性比較に意味があるなら==演算子を実装しているはずである(列挙型は==演算子を持っている)。構造体のEqualsメソッドの既定の実装は、リフレクションを使った値の等価性比較なので実行速度が遅い。==演算子は個別の実装であり、パフォーマンスがよいと予想されるので、構造体では(Equalsメソッドではなく)==演算子を先に試してみるべきだ。

 なお、ミュータブルな参照型で、Equalsメソッドがオーバーライドされていない場合は「参照」の等価性比較にもEqualsメソッドを使えるが、それが「値」と「参照」のどちらの等価性を比較しようとしているのかがあいまいになり、コードが分かりづらくなるので一般的には避けた方がよい。つまり、「値」の等価性比較になっている場合だけEqualsメソッドを使おうということだ(値の等価性でも参照の等価性でも構わない場合、例えばジェネリックなプロパティのセッターにおけるガード句などの場合を除く)。

 また、ミュータブルな参照型で「参照」の等価性を調べる方法をReferenceEqualsメソッドだけに限定してしまえば(つまり、==演算子は「値」の等価性比較だけに使うようにすれば)、この表はすっきりしたものになる。参照の等価性を調べる機会はLINQのおかげで減っていると思うので、そのようなコーディング規約にしてしまうのも一案かと思う。

 以降では、上の表の内容の実例と、==演算子とEqualsメソッドにまつわる幾つかのトピックを紹介しよう。

参照の等価性(同一のオブジェクトか)を調べるには?

 値型の参照は変数ごとに異なる(値型への代入は値のコピーになる)。従って、値型では参照の等価性を調べる意味はない(必ずfalseになる)。

 参照型における参照の等価性比較には、ReferenceEqualsメソッドが常に使える(ミュータブル/イミュータブルとも)。しかしそれでは長くてタイプが大変だ。==演算子のオーバーロードを持っていない参照型(ミュータブルな参照型は通常は持っていないので、つまり、ほとんどの参照型)では、参照の等価性を調べるときに==演算子を使うことが多い。また、object型にキャストすることで、==演算子は必ず参照の等価性比較になる(次のコード)。

// ミュータブルな参照型:==演算子かReferenceEqualsメソッドを使う// なお、このStringBuilderクラスはEqualsメソッドのオーバーロードを持っているので、// 参照の等価性比較にEqualsメソッドは使えない。StringBuilder m1 = new StringBuilder("ABC");StringBuilder m2 = new StringBuilder("ABC");StringBuilder m3 = m1;WriteLine($"m1 == m2 {m1 == m2}"); // 中身は同じだが別々のオブジェクト// 出力:m1 == m2 FalseWriteLine($"object.ReferenceEquals(m1, m2) {object.ReferenceEquals(m1, m2)}");// 出力:object.ReferenceEquals(m1, m2) FalseWriteLine($"m1 == m3 {m1 == m3}"); // 同一のオブジェクト// 出力:m1 == m3 TrueWriteLine($"object.ReferenceEquals(m1, m3) {object.ReferenceEquals(m1, m3)}");// 出力:object.ReferenceEquals(m1, m3) True// イミュータブルな参照型:ReferenceEqualsメソッドか、objectにキャストして==演算子string i1 = new string('A', 10);string i2 = new string('A', 10);string i3 = i1;// i1とi2は中身は同じだが別々のオブジェクトWriteLine($"Object.ReferenceEquals(i1, i2) {object.ReferenceEquals(i1, i2)}");// 出力:Object.ReferenceEquals(i1, i2) FalseWriteLine($"(object)i1 == i2 {(object)i1 == i2}"); // objectの==演算子が呼び出される// 出力:(object)i1 == i2 False// i1とi3は同一のオブジェクトWriteLine($"Object.ReferenceEquals(i1, i3) {object.ReferenceEquals(i1, i3)}");// 出力:Object.ReferenceEquals(i1, i3) TrueWriteLine($"(object)i1 == i3 {(object)i1 == i3}");// 出力:(object)i1 == i3 True// イミュータブルな参照型では、==演算子とEqualメソッドは値の等価性の実装になっているWriteLine($"i1 == i2 {i1 == i2}"); // 中身は同じだが別々のオブジェクト// 出力:i1 == i2 TrueWriteLine($"i1.Equals(i2) {i1.Equals(i2)}"); // 中身は同じだが別々のオブジェクト// 出力:i1.Equals(i2) True

参照の等価性を調べる例(C#)常にReferenceEqualsメソッドが使える。objectにキャストしてから==演算子でもよい。また、ミュータブルな参照型では、普通は==演算子をオーバーロードしていないので、==演算子で参照の等価性比較ができる。Equalsメソッドは「値」の等価性比較になっていることがあるので(イミュータブルな参照型では確実にそうなっているはず)、「参照」の等価性を調べるときには使わない方がよい。値の等価性(中身が同じか)を調べるには?

 値型とイミュータブルな参照型では、「値」の等価性は==演算子で調べるのが基本だ(ミュータブルな参照型では上で述べたように==演算子で「参照」の等価性比較を行うのが一般的)。ミュータブルな参照型で「値」の等価性比較ができるかどうかは実装次第なのだが、比較が可能な場合はEqualsメソッドを使う(次のコード)。

// 値型:==演算子を使うchar v1 = 'A';char v2 = 'A';char v3 = 'a';WriteLine($"v1 == v2 {v1 == v2}"); // 'A'と'A'// 出力:v1 == v2 TrueWriteLine($"v1 == v3 {v1 == v3}"); // 'A'と'a'// 出力:v1 == v3 False// C#ではNullable型でも==演算子で値の等価性比較になるint? n1 = 1;int? n2 = 1;WriteLine($"n1 == n2 {n1 == n2}"); // 参照の等価性ならfalseになるはずだが…// 出力:n1 == n2 True// イミュータブルな参照型:==演算子を使うstring i1 = new String('A', 10);string i2 = new String('A', 10);string i3 = new String('a', 10);WriteLine($"i1 == i2 {i1 == i2}"); // "AAAAAAAAAA"と"AAAAAAAAAA"// 出力:i1 == i2 TrueWriteLine($"i1 == i3 {i1 == i3}"); // "AAAAAAAAAA"と"aaaaaaaaaa"// 出力:i1 == i3 False// ミュータブルな参照型(Equalsが値の等価性比較に実装されている場合):Equalsを使うCookie m1 = new Cookie("cookie1", "Value1");Cookie m2 = new Cookie("cookie1", "Value1");Cookie m3 = new Cookie("cookie1", "value2");WriteLine($"m1.Equals(m2) {m1.Equals(m2)}"); // "Value1"と"Value1"// 出力:m1.Equals(m2) TrueWriteLine($"m1.Equals(m3) {m1.Equals(m3)}"); // "Value1"と"value2"// 出力:m1.Equals(m3) False// ミュータブルな参照型では通常は==演算子をオーバーロードしていないので、WriteLine($"m1 == m2 {m1 == m2}"); // 参照の等価性になってしまう// 出力:m1 == m2 False// Equalsメソッドは、その左側がnullだと例外が出るので注意Cookie m4 = null;// WriteLine($"m4.Equals(m1) {m4.Equals(m1)}"); // 実行時例外// これを避けるには次のような書き方もできるWriteLine($"m4?.Equals(m1)??false {m4?.Equals(m1) ?? false}");// 出力:m4?.Equals(m1)??false False

値の等価性を調べる例(C#)値型とイミュータブルな参照型では「値」の等価性比較に==演算子が使える。ミュータブルな参照型の場合、値の等価性比較ができるように作られているなら、Equalsメソッドを使う。==演算子はタイプセーフ

 値の等価性を調べるときは、==演算子を優先して使うとよい。値型で最も多く使われる数値型を比較するときにEqualsメソッドを書く人はいないだろう。イミュータブルな参照型ではどちらを選ぶか迷うかもしれないが、==演算子にはタイプセーフだというメリットがある(次のコード)。==演算子が提供されていないミュータブルな参照型では、Equalsメソッドを使うしかない。

Cookie m1 = new Cookie("cookie1", "Value1");string i1 = new String('A', 10);// ==演算子の長所:タイプセーフなので型が違うとコンパイルエラー//WriteLine($"m1 == i1 {m1 == i1}"); // コンパイルエラー// Equalsメソッドは型が違っても比較できてしまうWriteLine($"m1[Cookie].Equals(i1[String]) {m1.Equals(i1)}");// 出力:m1[Cookie].Equals(i1[String]) False

==演算子はタイプセーフなので優先的に使おう(C#)型が違うのに値の等価性を比較する意味はない。==演算子ではコンパイルエラーになるので、無意味な比較コードを書かずに済む。Equalsメソッドでは無意味な比較コードが書けてしまう。Equalsメソッドはポリモーフィズム

 値の等価性を調べるときに、(==演算子があっても)あえてEqualsメソッドを使うべきときもある。継承元の型、例えばobject型などとしてオブジェクトを受け取る場合だ(次のコード)。==演算子はオーバーロードなので、継承元の型にキャストしてしまうとそのオーバーロードは呼び出されない。対して、Equalsメソッドは(通常は)オーバーライドしてあるので、継承元の型にキャストされていてもオーバーライドした方のメソッドが呼び出されるのだ。

object o1 = new string('A', 10);object o2 = new string('A', 10);WriteLine($"o1 == o2 {o1 == o2}"); // objectの==なので参照の等価性比較になる// 出力:o1 == o2 FalseWriteLine($"o1.Equals(o2) {o1.Equals(o2)}"); // オーバーライドなのでstringのEqualsメソッド// 出力:o1.Equals(o2) True

Equalsメソッドがオーバーライドであることを利用する例(C#)object型にキャストしてしまうと、==演算子はobject型のもの(すなわち参照の等価性比較)になってしまう。string型ではEquals(object obj)メソッドをオーバーライドしているので、object型にキャストされていてもstring型で定義されているEquals(object obj)メソッドが呼び出される(このメソッドでは型を考慮した上で値の等価性比較が行われる)。なお、たまにEqualsメソッドをオーバーロードだけしてオーバーライドしていないものがある(これは設計ミスだと思いたい)。例としてStringBuilderクラス(System.Text名前空間)がある。この場合は、object型にキャストするとobject型のEqualsメソッドが呼び出されてしまう(次項も参照)。object.Equalsの落とし穴

 object型にはEquals静的メソッドもある。Equalsインスタンスメソッドと違って1つ目のオブジェクトがnullでも構わない(Equalsインスタンスメソッドで問題が起きる例をサンプルコード「値の等価性を調べる例」の末尾に示した)。

 Equals静的メソッドは、次のような順序で等価性をチェックする。

参照の等価性を比較する。同一のオブジェクト、または双方ともnullならここでtrueを返す 次に、どちらか一方だけがnullかどうか調べる。もしそうならここでfalseを返す 最後に、第1引数のオブジェクトのEqualsメソッドを呼び出して、その結果を返す

 この3で呼び出されるEqualsメソッドは、比較対象のオブジェクトが属するクラスで「オーバーライド」されたものだ。例えばobject.Equals静的メソッドで2つのstringオブジェクトを比較するときには、最終的に(object型のEquals(object obj)メソッドではなく)string型のEquals(object obj)メソッドが呼び出される(値の等価性比較になる)。

 2引数のEquals静的メソッドでは比較するオブジェクトがnullでも構わないし、比較対象のオブジェクトが属するクラスでEquals(object obj)メソッドがオーバーライドされていればちゃんと値の等価性比較を行ってくれるはずなので、とても便利である。

 ただし、StringBuilderクラスのようにEqualsメソッドのオーバーロードはあるが(例:Equals(StringBuilder sb)メソッド)、Equals(object obj)メソッドをオーバーライドしていないものでは、予期しない結果になる(次のコード)。これは2引数のEquals静的メソッドが引数をobject型で受け取り、最終的には(オーバーライドがないために)objectクラスで定義されているEquals(object obj)メソッドを呼び出し、そこで参照の等価性比較が行われるからだ(比較するオブジェクトがobject型にキャストされる)。Equals静的メソッドは慎重に使う必要がある。

string i1 = new string('A', 10);string i2 = new string('A', 10);WriteLine($"object.Equals(i1, i2) {object.Equals(i1, i2)}"); // 値の等価性比較// 出力:object.Equals(i1, i2) True// 上のコードは、((object)i1).Equals((object)i2)と同じ結果になる。// stringのEqualsメソッドはオーバーライドされているので、// objectにキャストされても値の等価性比較になる。// Equals静的メソッドは、StringBuilderでは参照の等価性比較になってしまう!StringBuilder m1 = new StringBuilder("ABC");StringBuilder m2 = new StringBuilder("ABC");WriteLine($"m1.Equals(m2) {m1.Equals(m2)}"); // オーバーロード(値の等価性)が呼び出される// 出力:m1.Equals(m2) TrueWriteLine($"object.Equals(m1,m2) {object.Equals(m1, m2)}"); // 参照の等価性比較になる// 出力:object.Equals(m1,m2) False// StringBuilderの値の等価性比較を行うEqualsメソッドはオーバーロードだけだ。// objectにキャストされてしまうと、そのEqualsメソッドは見えなくなり、// objectのEqualsインスタンスメソッド(参照の等価性比較)が呼び出されてしまう。

object型のEquals静的メソッドにある落とし穴(C#)Equals静的メソッドの引数はobject型だ。つまり、比較するオブジェクトはobject型にキャストされて渡される。Equals静的メソッド内部で比較オブジェクトのEqualsインスタンスメソッドを呼び出すとき、オーバーライドされたものがあるならそちらが呼び出されるが、オーバーロードされたものは呼び出されない。比較するオブジェクトに値の等価性比較を行うEqualsメソッドがあるからといって安心していると、このStringBuilderクラスのようにEquals静的メソッドを呼び出したら参照の等価性比較になってしまって驚くことになる。値の等価性比較を行ってくれるそのEqualsメソッドはオーバーライドされたものなのかどうか、きちんと見極めておく必要があるのだ。まとめ

 ==演算子とEqualsメソッドは、どちらも等価性を調べるものだが、比較対象(値型/イミュータブルな参照型/ミュータブルな参照型)に応じて適切に使い分ける。

利用可能バージョン:.NET Framework 全般(一部、.NET Framework 2.0以降)カテゴリ:C# 処理対象:オブジェクトカテゴリ:クラスライブラリ 処理対象:オブジェクト関連TIPS:構文:クラス名を書かずに静的メソッドを呼び出すには?[C# 6.0]関連TIPS:VB.NETでクラス名を省略してメソッドや定数を利用するには?関連TIPS:数値を右詰めや0埋めで文字列化するには?[C#、VB]

■この記事と関連性の高い別の.NET TIPS異なるデータ型の値を比較するには?(==と===の違いを理解する)[JavaScript]演算子をオーバーロードするには?[C#/VB]Listから重複した要素を削除するには?[C#/VB]as演算子とキャストの違いは?日付を比較するには?[C#/VB]「.NET TIPS」のインデックス

「.NET TIPS」

仮想通貨カジノパチンコ柏 市 マルハン

一眼 レフ カメラk8 カジノAIプロジェクトの多くがPoCにとどまり、あるいは失敗する原因とは仮想通貨カジノパチンコカジノ 部

一眼 レフ カメラk8 カジノAIプロジェクトの多くがPoCにとどまり、あるいは失敗する原因とは仮想通貨カジノパチンコカジノ 部

一眼 レフ カメラk8 カジノAIプロジェクトの多くがPoCにとどまり、あるいは失敗する原因とは仮想通貨カジノパチンコカジノ 部

鬼 滅 の 映画 公開 日k8 カジノ

darksouls3 スロット 「AIへの取り組みがPoC(Proof of Concept:概念検証)で終わってしまう」という嘆きが聞かれるのは日本だけではない。海外でもこの点はよく話題に上る。そこでSAS Instituteが2019年10月に欧州で開催した「SAS Analytics Experience 2019」で、「AIプロジェクトが失敗する理由」を追ってみた。

経営陣が「AI」に過剰な期待を抱きすぎる

 SASのCEOであるジム・グッドナイト氏に、「AIプロジェクトの成功と失敗を分ける要因とは何か」を聞いてみた。すると同氏は次のように答えた。

 「AIに関する最も大きな問題は、CEOが、自らが何を求めているのかが分からないまま下に指示することにある。多くのAIに関する取り組みは、CEOからのトップダウンで進められる。だが、ほとんどのCEOはAIを、『何らかの凄い技術で、人を置き換えられるもの』といった理解しか持っていない。実際には、音声や画像の認識などを除くと、AIは『以前から行われてきた予測モデル構築に新たな手法を取り入れたもの』と表現した方が正しく、あらゆる問題を解決できるわけではない。このためまず、AIについての過剰な期待を何らかの形で打ち壊す必要がある」

データサイエンティストさえ雇えばいいと考えている

 「多数のデータサイエンティストを雇いさえすれば、会社が救われると思い込んでいる企業も多い」とグッドナイト氏は言う。

 「こうして雇われるデータサイエンティストの多くは大学を出たてで、与えられたデータでモデルを構築する訓練しか受けていない。作ったモデルを検証した経験も乏しい。現実の世界では、まず有用なデータをかき集めなければならない。さまざまな立場の人々と交渉するなど、ひたすら汗を流してデータを整備する必要がある。重要なのは、どういう問題を解決したいのかを明確に理解することだ。学生上がりのデータサイエンティストに、即座に任せられることは限られている。データサイエンティストを魔法使いのように考えてはいけない」

 AIの世界では「民主化」がさまざまに叫ばれているが、ほとんどの場合、社内にデータサイエンティストは必要だと、グッドナイト氏は強調する。だが、事業部門と密な協力のできないデータサイエンティストは、企業にとって役に立つ存在にはなれないとしている。

デジタルトランスフォーメーションへの姿勢に問題がある

 それでも、例えば金融における不正検知のように、目的が明確で、手法も確立している機会学習/AI関連プロジェクトなら、まだやりやすい。「デジタルトランスフォーメーション」という言葉で表現されるような、新しい事業形態やビジネスモデルを目指す取り組みの場合、難易度が高くなる。SASのエグゼクティブ・バイスプレジデント/COO(最高執行責任者)/CTO(最高技術責任者)であるオリバー・シャーベンバーガー氏は、「企業の28%がデジタルトランフォーメーションに失敗している」という調査結果を取り上げ、同氏が考える4つの失敗理由を説明した。

デジタルトランスフォーメーションでよくある4つの失敗社内リソースを十分に生かしていない

よく聞かれるのは、ビッグデータプロジェクトの価値を事業部門に納得させられず、拒否されてしまうケースだという。事業部門の協力を得られないプロジェクト担当チームは、AIに代わりを務めさせようとして失敗する。

「デジタルトランスフォーメーションが技術だけの問題であることはほとんどない。それは必ずと言っていいほど、人やプロセスの問題でもある」(シャーベンバーガー氏)

明確な戦略が欠けている

 事業戦略が明確でなければ失敗する。デジタルトランスフォーメーションは、組織としての事業戦略を支えるためのものだからと、シャーベンバーガー氏は話した。

リーダーシップ不足

 デジタルトランスフォーメーションが、情報システム部門など、組織の一部門のみにとどまっていては成功しない。

 「CxOレベルのビジョン、サポート、投資がカギとなる」(シャーベンバーガー氏)

人の考え方が変わらない

 「文化が戦略を台無しにしてしまう」という言葉があるように、従来の延長線上でデジタルトランスフォーメーションを進めようとしてもうまくいかない。

 あるCIOは次のように嘆いていたという。

 「それぞれの部署が親しんだ製品やサービスのエコシステムで、他の部署との調整を全くすることなく、『旬の』(AI)機能を試している。その結果、組織全体で使っているツールの種類は爆発的に増加しており、技術的な負債を抱える羽目になった」

構築した分析モデルの約半数は、完全なデプロイに至っていない仮想通貨カジノパチンコr32 ホイール

アドオン ポーカーk8 カジノKDDI、「AQUOS K SHF33」を7月6日発売――一括価格は税込4万5360円仮想通貨カジノパチンコスロット 設置 台

アドオン ポーカーk8 カジノKDDI、「AQUOS K SHF33」を7月6日発売――一括価格は税込4万5360円仮想通貨カジノパチンコスロット 設置 台

アドオン ポーカーk8 カジノKDDI、「AQUOS K SHF33」を7月6日発売――一括価格は税込4万5360円仮想通貨カジノパチンコスロット 設置 台

雀 じゃん アプリk8 カジノ

abc パチンコ 松本 KDDI(au)は、シャープ製のAndroid搭載フィーチャーフォン「AQUOS K SHF33」を7月6日に発売する。

AQUOS K SHF33「AQUOS K SHF33」

 本製品は、従来型ケータイと同じようにダイヤルキーで操作できる折りたたみボディーの端末。防水/防塵(じん)/耐衝撃性能も備え、歩数計、迷惑電話撃退サービス、拡大鏡のほか待ち受け画面からのショートカットやプリセット着信音への黒電話音の追加など従来より機能を大幅に拡充した。

 アウトカメラは1310万画素で、「リアルタイムHDR撮影」や「フレーミングアドバイザー」も搭載した。4G LTEケータイでは初めてシーンに応じて話しかけてくれる人工知能「エモパー」に対応し、さらに下り最大150MbpsのLTE通信と高音質なVoLTEも利用できる。カラーはロイヤルグリーン、シャンパンゴールド、ディープネイビーの3色を用意した。

AQUOS K SHF33AQUOS K SHF33「AQUOS K SHF33」

 au Online Shopでの価格は4万5360円で、36回払いでは月々1260円×36回。対象機種の購入と同時に同社指定のデータ定額サービスに加入すると利用料金が割引される「毎月割」が適用となり、月々660円×36回が割引され、実質負担額は2万1600円になる。価格はすべて税込み。

「AQUOS K SHF33」の主な仕様

機種名AQUOS K SHF33メーカーシャープOSAndroid 4.4プロセッサQualcomm Snapdragon 400 MSM8926/1.2GHz 4コアメインメモリ1GBストレージ8GB外部メモリmicroSDHC(最大32GB)ディスプレイ約3.4型qHD TFT液晶解像度540×960ピクセル連続通話時間約660分(VoLTE)連続待受時間約470時間(LTE)バッテリー容量1410mAhアウトカメラ有効約1310万画素CMOSインカメラ-ボディーカラーロイヤルグリーン、シャンパンゴールド、ディープネイビーサイズ約51(幅)×113(高さ)×16.9(奥行き)ミリ重量約130グラム発売日2016年7月6日

関連キーワードガラホ | AQUOS K SHF33 | Android | カメラ | ガラパゴスケータイ | 4G LTE | エモパー | 折りたたみ | 歩数計 | 防水仮想通貨カジノパチンコau ウォレット アプリ ダウンロード

xinfin 仮想 通貨k8 カジノ小型なスマート電源タップ、富士通研が開発仮想通貨カジノパチンコiost 予想

xinfin 仮想 通貨k8 カジノ小型なスマート電源タップ、富士通研が開発仮想通貨カジノパチンコiost 予想

xinfin 仮想 通貨k8 カジノ小型なスマート電源タップ、富士通研が開発仮想通貨カジノパチンコiost 予想

暗号 資産 取引 所 販売 所 違いk8 カジノ photo小型センサー内蔵のタップ

パチンコ ワンツー スリー 富士通研究所は3月31日、コンパクトなスマート電源タップを開発したと発表した。オフィスでの利用を想定し、業界最小クラスの電力センサーを内蔵することで小型化。コンセント単位で消費電力を可視化し、省エネにつなげる。同社内の一部オフィスに導入したところ、約2割の省電力化に成功したという。

 AC100ボルト電源に非接触で電流を測定できる専用センサーを開発。安全かつ小型なセンサーの搭載で、タップのサイズをコンパクトにした。収集した消費電力情報は、ユーザーのスケジューラと連携させて表示するなど、分かりやすく可視化。無駄な電力消費を意識させ、個人単位での省エネ化が促進できるという。

 従来、コンセント単位で消費電力を把握できるセンサー内蔵タップはサーバルームでの利用を想定しており、サイズが大きくオフィスでの利用には向いていなかった。今後、社内外での実証実験を通じ、機能や効果の検証を進めていく。

関連キーワードコンセント | 電源タップ | 富士通研究所 | 省エネ仮想通貨カジノパチンコピケ ラモス

パチスロ 4 号機 動画k8 カジノiPadキラー「GooglePad」がうわさに ASUSもタブレット投入へ仮想通貨カジノパチンコスロット プラネット

パチスロ 4 号機 動画k8 カジノiPadキラー「GooglePad」がうわさに ASUSもタブレット投入へ仮想通貨カジノパチンコスロット プラネット

パチスロ 4 号機 動画k8 カジノiPadキラー「GooglePad」がうわさに ASUSもタブレット投入へ仮想通貨カジノパチンコスロット プラネット

東洋 経済 記事 広告k8 カジノ Googleタブレット登場のうわさ

化 物語 スロット 中古 価格 iPad発売を控え、Googleが対抗デバイスを投入するのではないかといううわさが再度盛り上がっている。「GooglePad」は、2月にGoogleがタブレット版Chrome OSのコンセプトイラストを披露して以来うわさになっている。最近のうわさでは、4月5日ごろにGoogleタブレットが登場し、Googleがオンライン直販するとされている。その一方では、Googleブランドのタブレットはあと1年は登場しないとの見方もある。

 またASUSが、iPadと競合するタブレットマシンの投入を明らかにしている。数カ月以内に2機種以上リリースする計画で、Chrome OSやAndroidなどGoogleのソフトを搭載したモデルと、Windowsモデルが登場しそうだ。マルチメディア機能に重点を置いた製品になるという。

Are iPad Killers Lurking?(PCWorld)/Asus: iPad Rivals On The Way(Forbes)

Google、Androidのバージョン問題解決へ?

 GoogleのモバイルOS「Android」は現在複数のバージョンが出回っており、例えば「Xperia」はAndroid 1.6、「HTC Desire」はバージョン2.1と、端末によって異なるバージョンが搭載されている。旧版ではマルチタッチが使えないなど、バージョンによって機能に違いがあるため、Androidアプリ開発者が苦労することもある。だがGoogleはこの問題を解決するため、標準アプリやコンポーネントをプラットフォームのコア部分から切り離し、Android Marketからダウンロード・アップデートできるようにすると報じられている。今後リリース予定のAndroidのバージョン「Froyo」と「Gingerbread」でこの変更が行われるという。

Has Google Solved Its Android Fragmentation Problem?(Gigaom)

米Yahoo!、AdSense的サービスを終了

 米Yahoo!が小規模Webパブリッシャー向け広告ネットワーク「Publisher Network」を4月30日で終了する。このサービスはGoogleのAdSenseと似ており、Web管理者が自分のサイトにコンテンツ連動広告を表示できるというもの。Yahoo!は同サービスの利用者に、代替サービスとしてChitikaを勧めている。Yahoo!は大規模パブリッシャー向けの広告ネットワークは継続する意向だ。

Yahoo Kills Small-Publisher Ad Network That No One Used(Silicon Alley Insider)

関連キーワードせかにゅ | Google | Android | iPad | Chrome OS | Google Chrome | ASUS | タブレットPC | Yahoo! | 広告ネットワーク | AdSense | Android 1.6 | Androidアプリ | Androidケータイ | Android Market | マルチタッチ | Xperia仮想通貨カジノパチンコマルハン 長岡 データ

業界連盟:ルーレット カジノ k8 入金不要ボーナス k8 パチスロ 機種 ボーナスバイ おすすめ k8 ライブカジノ k8 カジノ k8 カジノ パチスロ オンライン | Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap