メダル ゲーム ギャンブルk8 カジノ「写真(Photos)」アプリで明るさ・色・傾きを直そう!仮想通貨カジノパチンコgmo コイン 取引 所 手数料

メダル ゲーム ギャンブルk8 カジノ「写真(Photos)」アプリで明るさ・色・傾きを直そう!仮想通貨カジノパチンコgmo コイン 取引 所 手数料

メダル ゲーム ギャンブルk8 カジノ「写真(Photos)」アプリで明るさ・色・傾きを直そう!仮想通貨カジノパチンコgmo コイン 取引 所 手数料

オンカジ 回収k8 カジノ

ペルソナ 4 スロット 絆 メーター この連載では時々、超基礎的なネタもやりたいと思っている。今回は、基本中の基本のところを取り上げたい。

「荻窪圭のiPhoneカメラ講座」バックナンバー iPhoneでイルミネーションを「玉ボケ」にして撮る方法 あの機能を有効活用すべしiPhone 14 Proは4800万画素で撮るとファイルサイズが巨大に ならば「ProCamera」を使おうiOS 16のカメラはポートレートモードの“前ボケ”が可能にiOS 16の「画像切り出し」機能が面白い! コラージュだって簡単にできてしまう何だか気持ち悪い iPhoneで撮影した写真の「ちょっとした傾き」を直す方法iPhoneの写真、「iCloud」と「Google フォト」どちらに保存する? 両者を改めて比較iPhoneのカメラで使うべき意外な機能 「設定アプリ」を攻略せよiOS 15の「写真」アプリで進化した2つの機能 「撮影情報の閲覧&編集」と「メモリー」を試すあなたは使っていますか? 「LivePhotos」の2つの有効利用法を考えてみた逆光に弱い? iPhoneのカメラで光の反射を抑えて撮る方法「ピント」「手ブレ」に気を付ける 暗い写真は明るさ調整

 カメラマンの方々は「カメラを構えて撮った瞬間に作品として完成されているべし」と言う。けれども、一瞬でさっと完璧な構図を決めて、さっとセッティングして撮るなんてプロでもない限り無理難題。そこまで写真を突き詰めようと思っている人は、ほんのわずかしかいないはずだ。

 普通の人は、とりあえずピントと手ブレにだけ注意して撮りましょう、と。

 でも、漫然と撮っただけでは伝わらない。写真をSNSに上げるっていうのは「その写真で伝えたいなにか」があるからで、「おいしかったよー」と伝えたいのにその写真がマズそうだったら悲しいわけである。

 そんなときはどうするか。撮った後にひとてまかけてみるべし。こんな感じで。

左が撮影したときの元画像。右がほんのちょっといじった画像左が撮影したときの元画像。右がほんのちょっといじった画像

 面倒くさい作業が必要なわけではない。純正の「写真(Photos)」アプリでササッと明るさをいじっただけだ。手順としてはこんな感じ。

右上の「編集」をタップする。下に並んでいる左から3番目のアイコンをタップする。明るさを調整したいので「ライト」をタップし、右にずずっとスライドして明るくする右下にある完了をタップする編集画面のここをタップして……編集画面のここをタップして……ここをスライドして明るさを調整編集画面のここをスライドして明るさを調整

 たったこれだけなので、10秒とかからないのである。

 完了をタップすると、撮った写真が編集済みのものに自動的に置き換えられる。後は共有するなりなんなりすれば良い。

 写真を編集するというと「フィルタをかけること」と思う人もいるかもしれないが、その前に、写真としてちょっとマシにしてやろうというだけのことだ。また、写真アプリで編集すれば、先述のように元の写真と置き換えられるので、枚数は増えない。

明るくなった猫明るくなった猫

 では、間違ってヘンな編集してしまい、「しまった! 元に戻したい」という時はどうすれば良いのだろう?

 簡単、元に戻せばよろしい。一度編集した写真をもう一度写真アプリで編集しようとすると、右下に「元に戻す」というボタンが現れるはず。これをタップすると、いつでもオリジナルの写真に戻せるのだ。iPhoneは内部で“元の写真”も保持しているから、安心である。

 ただし、元に戻すと、今まで写真に加えてきた編集が全て破棄されてしまう。要注意。

編集した写真には「元に戻す」ボタンが付く編集した写真には「元に戻す」ボタンが付く元に戻すと全ての変更が破棄される元に戻すと全ての変更が破棄されるので注意関連キーワード写真 | iPhone | 猫 | カメラ | 夜景 | 撮影 | 照明 | iPhoneカメラ | 荻窪圭のiPhoneカメラ講座 | 荻窪圭夜景を鮮やかに、傾きも直してみよう仮想通貨カジノパチンコ全国 専門 学校 サッカー