ミニロト 宝くじ ネットk8 カジノ世界初のアクティブマトリクスEPDウオッチを発表――セイコー仮想通貨カジノパチンコblackjack 攻略

ミニロト 宝くじ ネットk8 カジノ世界初のアクティブマトリクスEPDウオッチを発表――セイコー仮想通貨カジノパチンコblackjack 攻略

ミニロト 宝くじ ネットk8 カジノ世界初のアクティブマトリクスEPDウオッチを発表――セイコー仮想通貨カジノパチンコblackjack 攻略

コンパクト デジカメ 新 製品k8 カジノ

パチスロ 小野 セイコーウオッチは、スイス・バーゼル市で開かれている「バーゼルワールド2010」(参照記事)において、世界初のアクティブマトリクスEPDウオッチを発表した。2010年後半に国内外で発売される予定。

アクティブマトリクスEPDウオッチバーゼルワールド2010のセイコーブースにて撮影。4段階の階調表現により、さまざまな表現ができる。視野角は180度

 EPDとは“ElectronicPhoretic Display(電気泳動ディスプレイ)”の略で、電子インクによる表示方式の1つ。白い粒子と黒い粒子を内包したマイクロカプセルを電極で挟み、電界を与える方向によって、白を表示したり、黒を表示したりする。今回のEPDウオッチでは、300dpiの高精細表示を実現。ディスプレイ上にドットが約8万個並んでおり、4段階の階調表現ができる。

 セイコーウオッチでは2005年11月に初めて電子インク技術を応用した腕時計「スペクトラム」を発表しており、今回は同社のEPDウオッチとして3代目にあたる。これまではあらかじめレイアウトされた70~120本のセグメントのオン/オフで時間を表示していた(セグメント方式)ため自由度が低かったが、アクティブマトリクス方式では細かいドットごとにオン/オフの制御ができるので、より多様な表現が可能になった。

2005年11月発表の初代EPDウオッチ「スペクトラム」。細長いセグメントごとに黒と白を表現する仮想通貨カジノパチンコau でんき 解約 したい